お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-01 13:45
Multiple Source Effectを用いた集団討議支援のための遠隔通話システムの開発
世田圭佑横山正典東大)・望月崇由布引純史NTT)・鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-7
抄録 (和) 集団討議において,多数派の同調圧力などにより適切な議論が為されず,集団内の納得度が低いまま意思決定が行われてしまうことがある.
この問題を解決するために,単一よりも複数の情報源からの情報に説得力を感じるという Multiple Source Effect という心理学的知見に基づき,少数派の人数を多数派と同数に見せることで説得力の調整を図る遠隔通話システムを開発した.
検証実験の結果,提案システムにより少数派の説得力が向上し,集団内の納得度が向上する可能性が示唆された. 
(英) In the group discussion, decision may be made with less satisfaction because of conformity pressure.
In order to solve this problem, we developed a telecommunication system for improving persuasive power by showing the number of minorities more than they actually are. This system is based on psychological knowledge "Multiple source effect" that information from multiple sources is more persuasive than from a simple source.
As a result of experiments, it was suggested that the proposed system improved the persuasive power of minorities and degree of satisfaction with decision.
キーワード (和) 集団討議 / 遠隔通話 / テレプレゼンス / 同調圧力 / / / /  
(英) Group Discussion / Telecommunication / Telepresence / Conformity Pressure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 73, MVE2017-7, pp. 49-54, 2017年6月.
資料番号 MVE2017-7 
発行日 2017-05-25 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2017-7

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2017-06-01 - 2017-06-02 
開催地(和) 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 
開催地(英) Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 人工現実感,エンタテイメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(ITE-HI, 情報処理学会EC研, 情報処理学会HCI研, ヒューマンインタフェース学会SIGDeMO, VR学会と連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2017-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Multiple Source Effectを用いた集団討議支援のための遠隔通話システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Telecommunication System Supporting Group Discussions by Multiple Source Effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集団討議 / Group Discussion  
キーワード(2)(和/英) 遠隔通話 / Telecommunication  
キーワード(3)(和/英) テレプレゼンス / Telepresence  
キーワード(4)(和/英) 同調圧力 / Conformity Pressure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 世田 圭佑 / Keisuke Seta / セタ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 正典 / Masanori Yokoyama / ヨコヤマ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 崇由 / Takayoshi Mochizuki / タカヨシ モチヅキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 布引 純史 / Tadashi Nunobiki / タダシ ヌノビキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳴海 拓志 / Takuji Narumi / タクジ ナルミ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / トモヒロ タニカワ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ミチタカ ヒロセ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-01 13:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2017-7 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.73 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2017-05-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会