お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-30 10:00
ビーム間相関と電力差を用いたマルチビームMassive MIMO
村松郁也西森健太郎谷口諒太郎安藤和真新潟大)・平栗健史日本工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Massive multiple input multiple output (Massive MIMO) は,基地局に多数のアンテナを配置し,その数をユーザ数よりも多くすることで,簡易な信号処理でサービスエリアの向上と干渉低減が実現可能となるため,近年次世代移動通信システムのキー技術として注目を集めている.これまで,著者らはアナログ部で素子数と同数のマルチビームを形成し,電力が高いビームを選択し,選択したビームを出力としてディジタル信号処理でConstant Modulus Algorithm (CMA)を適用する Massive MIMO伝送法を提案した.本手法は,伝搬チャネル応答 (Channel State Information : CSI)推定を不要とするため,Massive MIMOを適用したシステムで大きく伝送効率を改善できる.
これまでは上り回線において,マルチビームの受信電力のみでユーザ選択を行う二通りのビーム選択法を提案し,評価してきた.
本報告では,さらなる性能改善を目的とし,これまでに提案・評価してきた二通りの手法を組み合わせた新たなビーム選択法を提案し,その性能評価を行う. 
(英) Massive MIMO transmission, whose number of antennas is much larger than the number of user terminals, has been attracted much attention as one of key technologies in next-generation mobile communication system, because it enables improvement in the service area and interference mitigation by the simple signal processing. Multi-beam massive MIMO configuration has proposed that utilizes the beam selection with high power in an analog part and blind algorithm such as constant modulus algorithm (CMA) which does not need channel state information (CSI) is applied in a digital part. Hence, the proposed configuration obtains high transmission efficiency. We have evaluated the performance with two kinds of user selection methods using only recieved power of the multi-beams in the uplink channel. In this report, we propose a new user selection method which combines two methods to improve the performance, and its performance is evaluated by the computer simulation.
キーワード (和) Massive MIMO / マルチビーム / CMA / ユーザ選択 / ビーム選択法 / / /  
(英) Massive MIMO / Multi-beam / CMA / User Selection / Beam selection scheme / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 68, CQ2017-22, pp. 47-52, 2017年5月.
資料番号 CQ2017-22 
発行日 2017-05-22 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2017-05-29 - 2017-05-30 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki) 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2017-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビーム間相関と電力差を用いたマルチビームMassive MIMO 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-beam massive MIMO using correlation and power difference between beams 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) マルチビーム / Multi-beam  
キーワード(3)(和/英) CMA / CMA  
キーワード(4)(和/英) ユーザ選択 / User Selection  
キーワード(5)(和/英) ビーム選択法 / Beam selection scheme  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 郁也 / Fumiya Muramatsu / ムラマツ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 諒太郎 / Ryotaro Taniguchi / タニグチ リョウタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 和真 / Kazuma Ando / アンドウ カズマ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第5著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon institute of technology (略称: NIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-30 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-22 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.68 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2017-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会