電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-29 11:00
Opportunistic Routingにおける端末密度による待機時間設定
鹿島睦史山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・田中良明早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害時など固定の基地局が利用できない場合の通信手段として,端末装置自体がもつ中継機能を利用してネットワーク構築が可能なアドホックネットワークが有効である.アドホックネットワークにおいて,頻発する通信環境の変化やトポロジーの変化といった問題に対し,特定の経路に依存することなく各端末が自律的に次の中継端末を選択し,転送制御を行うOR (Opportunistic Routing)が提案されている.ORでは,各端末が自律的に転送判断を行うことから,低端末密度においては,通信に使用することができる端末数が少ないため,通信経路の断絶によるパケット損失が発生し,伝送成功率の低下やパケット通信効率の低下が発生する.本稿では,この問題に対し,パケットの送信端末が近傍端末数に基づく待機時間算出を行い,高確率でパケットの転送が可能な近傍端末数の多い端末を優先的に転送に利用することで,より通信効率を向上させたORを提案している. 
(英) Ad hoc networks have the advantage of network establishment flexibility that use a relay function of the devices when fixed base stations are not available such as disasters. In ad hoc networks, OR (Opportunistic Routing) has been proposed. In this routing scheme, each terminal opportunistically selects next relay terminals and controls forwarding without relying on any specific route under the environment where frequent topology and environment changes occur. There is a drawback that less path diversity results in higher packet loss rate in a low terminal density due to disconnection of the communication path, and this brings a decrease of transmission success rate and efficiency. In this paper, a new OR is proposed. In this scheme, packet transmission terminals calculate waiting time based on the number of neighbour terminals and set higher forwarding priority on the terminal based on the waiting time to improve communication efficiency by using higher forwarding probability links.
キーワード (和) アドホックネットワーク / Opportunistic routing / 優先転送 / / / / /  
(英) Ad hoc network / Opportunistic routing / Priority forwarding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 68, CQ2017-17, pp. 19-24, 2017年5月.
資料番号 CQ2017-17 
発行日 2017-05-22 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2017-05-29 - 2017-05-30 
開催地(和) ホテルメリージュ(宮崎) 
開催地(英) Hotel Merieges (Miyazaki) 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2017-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Opportunistic Routingにおける端末密度による待機時間設定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Waiting Time Setting Based on Terminal Density for Opportunistic Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) Opportunistic routing / Opportunistic routing  
キーワード(3)(和/英) 優先転送 / Priority forwarding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿島 睦史 / Atsufumi Kashima / カシマ アツフミ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-29 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-17 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.68 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2017-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会