お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-27 14:35
大学研究室における活動の多様性を考慮した支援システムのための研究活動記述文法の開発
大浦拓馬佐藤克己森本康彦学芸大)・中山祐貴早大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2017-8
抄録 (和) 大学研究室における研究活動では,研究室の活動ルールのもと,学生が活動の計画・研究情報の蓄積・振り返りを主体的に遂行することは重要である.しかし,研究初学者である学生がこれら3点を遂行することは困難でかつ負担が大きく,これらを統合的に支援する必要がある.また研究活動は,研究分野,研究室,研究内容によって多様性があるため,遂行手順や蓄積情報を固定したルール化はできない.そこで本研究では,研究活動の計画・情報蓄積・振り返りの統合と,研究活動の多様性を考慮した研究活動支援システムの開発を目的とする.目的達成のため本稿では,まず,研究活動を計画・遂行・情報蓄積・振り返りの4つのタスクの組み合わせで定義する.次に,これら4つのタスクを有機的に支援する研究活動支援システムを開発するために,研究活動の形式的記述とその記述文法を開発する. 
(英) When conducting research in the university laboratory, it is important that, in accordance with university laboratory rules, all students independently execute (1)planning their research activity, (2)recording their research information and (3)reflection of their research activities. For unexperienced researchers, however, it can be difficult to properly execute these three points. Therefore, it is necessary to integrate these points for support. Because research activities include a variety of fields, laboratories, and contents, execution procedures and information recording rules cannot be fixed. Therefore, we aim to develop research activity support systems, which comprehensively integrates the three points, which applies to a variety of research activities. To achieve this purpose, this paper defines research activities as a set of four tasks: planning, execution, information recording, and reflection. Then, to develop a research activity support system which can organically support these four tasks, this paper develops a formal description method of research activities and their description grammar.
キーワード (和) 研究活動支援 / 情報蓄積 / 情報共有 / 研究活動記述 / 研究活動記述文法 / / /  
(英) Research activity support / Information accumulation / Information sharing / Research activity description / Research activity description grammar / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 65, ET2017-8, pp. 41-46, 2017年5月.
資料番号 ET2017-8 
発行日 2017-05-20 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2017-8

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2017-05-27 - 2017-05-27 
開催地(和) 創価大学 
開催地(英) Soka Univ. 
テーマ(和) 協調学習支援/一般 
テーマ(英) Collaborative Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2017-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大学研究室における活動の多様性を考慮した支援システムのための研究活動記述文法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Research Activity Description Grammar for Support Systems Considering the Variety of Research Activities in University Laboratories 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 研究活動支援 / Research activity support  
キーワード(2)(和/英) 情報蓄積 / Information accumulation  
キーワード(3)(和/英) 情報共有 / Information sharing  
キーワード(4)(和/英) 研究活動記述 / Research activity description  
キーワード(5)(和/英) 研究活動記述文法 / Research activity description grammar  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大浦 拓馬 / Takuma Oura / オオウラ タクマ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 克己 / Yoshiki Sato / サトウ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 康彦 / Yasuhiko Morimoto / モリモト ヤスヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 祐貴 / Hiroki Nakayama / ナカヤマ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 勝一 / Shoichi Nakamura / ナカムラ ショウイチ
第5著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮寺 庸造 / Youzou Miyadera / ミヤデラ ヨウゾウ
第6著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-27 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2017-8 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.65 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2017-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会