電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-26 14:30
[ポスター講演]OSHWと赤外線通信モジュールを用いた室内環境制御システムの構築
漆原健太・○山邊友一郎谷 明勲神戸大
抄録 (和) 現在、日本における国内消費電力は生活水準の向上に伴う家電製品の普及によって増加傾向にあり、電気事業連合会の調査によると、年間家庭で使用する電気の30%近くが空調機の冷暖房運転によるものである。さらに、室内環境には様々な要素があるが、温熱環境に起因する健康被害としては冬季の気温差によるヒートショックや過乾燥により生じるインフルエンザをはじめとしたウィルスの繁殖、過度の加湿によるカビの発生などがあげられる。以上のように、消費電力の増加と家庭の温熱環境は人々の日常生活で非常に重要な問題である。それらの問題に対して、モノをインターネットにつなぐIoTが解決策として期待されている。本研究ではOSHWのArduino、各種センサ及び赤外線通信モジュールを用いて、空調機、加湿器、サーキュレイタの運転モードを制御する装置を構築する。夏季には、空調機の冷房・除湿制御、空調機の風量制御、冬季には、空調機の設定温度制御、加湿器の強運転・弱運転制御、サーキュレイタのON/OFF制御の実験を行った。なお、室内環境の良否の指標としては不快指数DIの計算及び、ガラス面と壁面の結露発生の有無のモニタリングを行った。また、エネルギー消費の良否の指標としては、空調機の積算電力および消費電力のモニタリングを行った。得られた結果より、OSHWを用いた室内環境制御システムの適用性・有効性について検討を行うことを目的とする。 
(英) Recently, domestic electricity consumption increases due to the spread of home appliances accompanying the improvement of living standards. The Federation of Electric Power Companies of Japan reported that using cooling and heating operation of air conditioners accounted for nearly 30% of the electricity consumption at home. In addition, there are various factors that affect the indoor environment. It is a problem as health damage caused by indoor air environment, such as heat shock by temperature difference between rooms at home, breeding of viruses and mold in excessive dry and moist air. As described above, reduction of power consumption and improvement of home thermal environment are very important. To these problems, IoT (Internet of Things) is expected as a solution. In this study, operation mode of home appliances such as air conditioner, humidifier and circulator are controlled by the device using Arduino, sensors, and infrared communication modules. In the summer experiments, control to change air conditioning and dehumidification and air volume control of the air conditioner were performed. In the winter experiments, the set temperature control of the air conditioner, the strong and weak control of the humidifier, and ON / OFF control of the circulator were performed. In order to evaluate the quality of the indoor environment, the calculation of discomfort index DI and the presence of condensation on the glass surface and wall were monitored in the experiment room. In addition, power consumption of the air conditioner is monitored to evaluate the energy efficiency. By comparing obtained data, it is clarified that the OSHW can be utilized for control system of home appliances.
キーワード (和) OSHW / 温度 / 湿度 / 消費電力 / 赤外線通信 / / /  
(英) OSHW / Temperature / Humidity / Power Consumption of Air Conditioner / Infrared Communication / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 57, ASN2017-11, pp. 49-50, 2017年5月.
資料番号 ASN2017-11 
発行日 2017-05-18 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-05-25 - 2017-05-26 
開催地(和) 東大 生産技術研究所 
開催地(英) Tokyo Univ. (Institute of Industrial Science) 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング, ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般

建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援, 土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OSHWと赤外線通信モジュールを用いた室内環境制御システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Indoor Environment Control System using OSHW and Infrared Communication Module 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OSHW / OSHW  
キーワード(2)(和/英) 温度 / Temperature  
キーワード(3)(和/英) 湿度 / Humidity  
キーワード(4)(和/英) 消費電力 / Power Consumption of Air Conditioner  
キーワード(5)(和/英) 赤外線通信 / Infrared Communication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 漆原 健太 / Kenta Urushihara / ウルシハラ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山邊 友一郎 / Yuichiro Yamabe / ヤマベ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 明勲 / Akinori Tani / タニ アキノリ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-26 14:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-11 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.57 
ページ範囲 pp.49-50 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-ASN-2017-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会