電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-25 10:50
赤潮発生予測のための海域情報報告アプリケーションのマルチプラットフォーム化
遠藤慶一楠野和也藤橋卓也黒田久泰樋上喜信小林真也愛媛大
抄録 (和) 養殖産業において,赤潮は,養殖魚の大量死や品質劣化をもたらすため,大きな問題となっている.この問題を解決するため,先行研究では,漁業従事者のAndroid端末を利用して,赤潮発生予測のための海域情報を収集することができるシステムを開発した.本研究では,海域情報の報告に使用するアプリケーションを,日本で大きなシェアを占めるiOS端末に対応させることによって,より多くの海域情報を収集可能とする. 
(英) A red tide is a serious problem in culture industry because of the death or quality degradation of cultured fish.
In order to resolve this problem, we previously developed a system to collect marine water information for prediction of red tide occurrence by using Android devices owned by fisheries workers.
In this research, we make it possible to use iOS devices for reporting marine water information in order to collect more information.
キーワード (和) 赤潮 / 海域情報 / iOS / マルチプラットフォーム / / / /  
(英) red tide / marine water information / iOS / multi-platform / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 57, ASN2017-3, pp. 13-18, 2017年5月.
資料番号 ASN2017-3 
発行日 2017-05-18 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-05-25 - 2017-05-26 
開催地(和) 東大 生産技術研究所 
開催地(英) Tokyo Univ. (Institute of Industrial Science) 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング, ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般

建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援, 土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 赤潮発生予測のための海域情報報告アプリケーションのマルチプラットフォーム化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Platform Application to Report Marine Water Information for Prediction of Red Tide Occurrence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 赤潮 / red tide  
キーワード(2)(和/英) 海域情報 / marine water information  
キーワード(3)(和/英) iOS / iOS  
キーワード(4)(和/英) マルチプラットフォーム / multi-platform  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 慶一 / Keiichi Endo / エンドウ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠野 和也 / Kazuya Kusuno / クスノ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤橋 卓也 / Takuya Fujihashi / フジハシ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 久泰 / Hisayasu Kuroda / クロダ ヒサヤス
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋上 喜信 / Yoshinobu Higami / ヒガミ ヨシノブ
第5著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真也 / Shinya Kobayashi / コバヤシ シンヤ
第6著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-25 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-3 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.57 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2017-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会