電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-25 13:25
OFDM信号のCyclic Prefix (CP)を利用した特徴検出方式 ~ ミリ波帯での衛星と携帯との干渉特性モニタリングへの応用(相互干渉) ~
樫木勘四郎定 知生KDDI総合研究所)・長峰諒英渡辺文夫東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代の携帯通信では,新たな周波数として28GHz帯の使用が検討されている.この帯域は,衛星通信にも割当てられており,相互の干渉が課題になる.本稿では,主たる干渉形態である,衛星ユーザ地球局から携帯基地局への干渉,並びに携帯システムから衛星アップリンクへの干渉を対象にする.両者の通信仕様を考慮すると,干渉は大きくない場合もあるが,小さな干渉でも,その状態をモニタリングしようとすれば,高精度な測定方式が必要になる.筆者らは,変調波の特徴を用いた信号検出方式を検討しており,衛星に関してはPSK信号を周波数逓倍して特徴を抽出する方式を,携帯システムに関してはOFDM信号に付加されているCyclic Prefix(CP)を利用した信号検出方式を適用している.ミリ波帯に関する本検討では,衛星のシステムモデルは移動型のユーザ地球局の仕様を,携帯のシステムは開発が進んでいる現LTEに基づいた仕様を想定する.計算機シミュレーションでの検討の結果,両者の受信電力差が20dB程度の場合でも,その差は精度よく推定可能であること,また携帯波を検出する際に干渉波として作用する衛星波は,熱雑音と同等に扱うことができること等を明らかにしている. 
(英) In the fifth generation of cellular system, use of 28 GHz band is discussed as new radio frequency assignment. Since the band is also allocated to the satellite service which is now being operated, their mutual interferences will be an important study issue. In the report, we deal with the mutual interference between satellite system and cellular system. Interference to the cellular base station from the satellite user earth station is major issue together with that in the satellite uplink from the cellular system. Considering the communication specifications of both systems, it is thought that the interferences will not be necessarily harmful. On the other hand, if it is required that even small interference is monitored, an interference measuring scheme with high sensitivity is needed. The authors have been engaged in the feature detection scheme using frequency multiplying function and also using Cyclic Prefix (CP) in the OFDM signal. Herein, such schemes are applied to the estimation method of the power ratio of the satellite signal to cellular signal. The satellite system model under discussion is mobile satellite service, which will be commercialized in near future. The specifications of the cellular system is supposed on the basis of the presently operating LTE system, which is named PoC (Proof of Concept). From the computer simulation results, it is concluded that the power ratio of 20 dB can be estimated with high accuracy, in such supposed system models. Furthermore, in the feature detection of cellular signal, it is clarified that the satellite signal can be treated like as input thermal noise, where the satellite signal affects the detection performance as interfering source.
キーワード (和) 特徴検出方式 / サイクリックプリフィックス / ミリ波帯 / 衛星と携帯の相互干渉 / 干渉モニタリング特性 / / /  
(英) feature detection / Cyclic Prefix / millimeter band / interference monitoring / satellite and cellular system / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 52, SAT2017-2, pp. 7-12, 2017年5月.
資料番号 SAT2017-2 
発行日 2017-05-18 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2017-05-25 - 2017-05-26 
開催地(和) 宇都宮大学 陽東キャンパス 
開催地(英) Utsunomiya Univ. Yoto Campus 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Demodulation, Signal Processing Technique, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2017-05-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM信号のCyclic Prefix (CP)を利用した特徴検出方式 
サブタイトル(和) ミリ波帯での衛星と携帯との干渉特性モニタリングへの応用(相互干渉) 
タイトル(英) Feature detection scheme using Cyclic Prefix (CP) in OFDM signal 
サブタイトル(英) Interference monitoring between satellite and cellular systems in millimeter band (mutual interference) 
キーワード(1)(和/英) 特徴検出方式 / feature detection  
キーワード(2)(和/英) サイクリックプリフィックス / Cyclic Prefix  
キーワード(3)(和/英) ミリ波帯 / millimeter band  
キーワード(4)(和/英) 衛星と携帯の相互干渉 / interference monitoring  
キーワード(5)(和/英) 干渉モニタリング特性 / satellite and cellular system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 定 知生 / Tomoki Sada / サダ トモキ
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長峰 諒英 / Akihide Nagamine / ナガミネ アキヒデ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institue of technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 文夫 / Fumio Watanabe / ワタナベ フミオ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institue of technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-25 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2017-2 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2017-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会