お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-22 15:25
縦振動子とねじり振動子を用いた超音波複合振動源による超音波接合 ~ 振動軌跡の形状を変化させた場合の検討 ~
淺見拓哉玉田洋介樋口祐亮三浦 光日大US2017-18
抄録 (和) 筆者らは,超音波複合振動を用いた超音波応用加工について検討を行なっている.そのための振動源として,共振周波数の異なる縦振動子及びねじり振動子を用いた超音波複合振動源を開発した.この振動源は伝搬する各振動の振動分布が一致するため剛体への固定が容易である.また,各振動子への入力信号の大きさを変化させることにより,各振動の制御が可能である.本稿では,開発した振動源の特徴でもある各振動の制御に着目し,振動軌跡の形状を変化させた場合の銅板とアルミニウム板の接合特性について検討を行なった。また,ここでは接合時の接合対象の損傷を防止するために球面加工された接合チップを用いた. 
(英) We developed an ultrasonic complex vibration source using longitudinal vibration transducer and torsional vibration transducer with different resonance frequencies. The longitudinal vibration distribution of this vibration source coincides with the torsional vibration distribution. The vibration source was easy to fix to the rigid body. In addition, each vibration can be controlled by changing the magnitude of the input signal to each vibration transducer. In this paper, we focused on control of each vibration which is a feature of the developed vibration source. We investigated the welding characteristics of copper plate and aluminum plate when the shape of vibration locus is varied. In addition, in order to prevent damage of the welding target at during the welding, a spherical surface processing welding tip was used.
キーワード (和) 縦振動 / ねじり振動 / 複合振動 / 振動軌跡 / 接合 / / /  
(英) longitudinal vibration / torsional vibration / complex vibration / vibration locus / welding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 41, US2017-18, pp. 23-26, 2017年5月.
資料番号 US2017-18 
発行日 2017-05-15 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-18

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-05-22 - 2017-05-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-05-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 縦振動子とねじり振動子を用いた超音波複合振動源による超音波接合 
サブタイトル(和) 振動軌跡の形状を変化させた場合の検討 
タイトル(英) Ultrasonic welding by complex vibration source consisting of longitudinal and torsional vibration transducers 
サブタイトル(英) Study of varying shape of vibration locus 
キーワード(1)(和/英) 縦振動 / longitudinal vibration  
キーワード(2)(和/英) ねじり振動 / torsional vibration  
キーワード(3)(和/英) 複合振動 / complex vibration  
キーワード(4)(和/英) 振動軌跡 / vibration locus  
キーワード(5)(和/英) 接合 / welding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺見 拓哉 / Takuya Asami / アサミ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉田 洋介 / Yosuke Tamada / タマダ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 祐亮 / Yusuke Higuchi / ヒグチ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 光 / Hikaru Miura / ミウラ ヒカル
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-22 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-18 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2017-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会