電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-22 17:10
任意精度演算可能なビットシリアル演算器の提案
三浦巴慎尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2017-8
抄録 (和) 本論文では任意精度演算可能なビットシリアル演算器を提案する.この演算器はグレイコードを用いるこ とにより上位ビットから 1 ビットずつ計算し,必要な演算精度が得られた時点で演算を打ち切ることができる.その ため余計な演算を行う必要がなく,スループットの向上と消費電力の削減が見込める.また一般的な 32,また 64 ビッ ト幅の演算器ではなく,1 ビット幅の演算器を用いるため小面積である.初めに任意精度でビットシリアルに四則演 算可能なアルゴリズムを考案し,次に Verilog HDL による実装を行った.最後に作成した加算器と乗算器のそれぞれ についてスループットの評価と消費電力,また面積について考察を行った. 
(英) In this paper,we propose a bit serial arithmetic unit for arbitrary precision.It calculates 1 digit ev- ery cycle from the most significant bit.And when necessary calculation precision is obtained,the calculation is ended.Therefore,there is no need to perform unnecessary calculation,and this may lead to the improvement of throughput and the reduction of power consumption.Also,since 1-bit width arithmetic unit is used without using a general 32-bit or 64-bit width one,the area is small.At first,we describe algorithms of four arithmetic operations that can calculate in arbitrary precision,and then we implemented it in Verilog HDL.Finally, using the MAC
(Multiply-Accumulate) operation that is often used in digital signal processing,we evaluated throughput,power consumption and area.
キーワード (和) ビットシリアル演算 / グレイコード / 任意精度 / / / / /  
(英) Bit serial operation / Gray Code / Arbitrary Precision / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 46, RECONF2017-8, pp. 37-41, 2017年5月.
資料番号 RECONF2017-8 
発行日 2017-05-15 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2017-8

研究会情報
研究会 RECONF CPSY DC IPSJ-ARC  
開催期間 2017-05-22 - 2017-05-24 
開催地(和) 登別温泉第一滝本館 
開催地(英) Noboribetsu-Onsen Dai-ichi-Takimoto-Kan 
テーマ(和) HotSPA2017: リコンフィギャラブルシステム・ディペンダブルコンピューティングシステムおよび一般 
テーマ(英) HotSPA2017: Reconfigurable System, Dependable Computing System, and General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2017-05-RECONF-CPSY-DC-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意精度演算可能なビットシリアル演算器の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of Bit Serial Arithmetic Units for Arbitrary Precision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビットシリアル演算 / Bit serial operation  
キーワード(2)(和/英) グレイコード / Gray Code  
キーワード(3)(和/英) 任意精度 / Arbitrary Precision  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 巴慎 / Tomonori Miura / ミウラ トモノリ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-22 17:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2017-8 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RECONF-2017-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会