電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-22 13:00
JavaScript難読化手法jjencodeを用いたプログラムへのデータ埋め込みの一手法
日置尋久松下貴之京大IT2017-1 EMM2017-1
抄録 (和) 本研究ではJavaScriptプログラムを難読化する手法であるjjencodeによってプログラムを変換するのと同時にデータを密かに埋め込む手法を開発した.jjencodeではスクリプトを非英数字のみからなるコードに変換する.jjencodeのコードにはスクリプトの文字列を生成するコードが含まれる.このときスクリプトを構成する各文字を生成する方法は1通りではない.そこで各文字の生成法に番号を付けて,文字の生成法を適宜選択することによって,文字をコード化しつつ,データを埋め込むことができる.文字ごとの埋め込み可能なデータ量は生成法が何通りあるかによって決まる.本研究では,Webでよく利用されているJavaScriptのライブラリを用いて提案手法を評価する実験を行った.その結果,jjencodeのコードのスクリプトを生成する部分に対して$2%$ほどの量のデータが埋め込めることが分かった.また埋め込みを行ったとき,変換後のコードのサイズは約25倍となることが分かった. 
(英) We have been implemented a data hiding method for JavaScript programs based on an obfuscator called jjencode. We can embed a bit string secretly into a script, i.e. a JavaScript program, while obfuscating it. A script is converted into an equivalent code consisting only of non-alphanumeric characters by jjencode. The program converted by jjencode includes codes that will generate the literal representation of the script. For constructing such codes, we have more than one expressions that generate each character in the script, which enables us to assign unique numbers to each of the expressions and to encode bit strings by the numbers. The embedding capacity is different from character to character. We have evaluated our data hiding method using JavaScript libraries widely distributed on WWW. As a result, we have found that the embedding ratio against the code for generating the literal representation of a script would be about $2%$. A script becomes larger through embedding. It is found that the code after embedding would become about 25 times as large as the script.
キーワード (和) プログラム難読化 / データハイディング / JavaScript / / / / /  
(英) Obfuscation / Data Hiding / JavaScript / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 40, EMM2017-1, pp. 1-6, 2017年5月.
資料番号 EMM2017-1 
発行日 2017-05-15 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2017-1 EMM2017-1

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2017-05-22 - 2017-05-23 
開催地(和) 山形大学(米沢キャンパス) 
開催地(英) Yamagata University(Yonezawa Campus) 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2017-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) JavaScript難読化手法jjencodeを用いたプログラムへのデータ埋め込みの一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Data Embedding Method based on the JavaScript Encoder jjencode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラム難読化 / Obfuscation  
キーワード(2)(和/英) データハイディング / Data Hiding  
キーワード(3)(和/英) JavaScript / JavaScript  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日置 尋久 / Hirohisa Hioki / ヒオキ ヒロヒサ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 貴之 / Takayuki Matsushita / マツシタ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-22 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2017-1,IEICE-EMM2017-1 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.39(IT), no.40(EMM) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-05-15,IEICE-EMM-2017-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会