電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-17 09:30
Evaluation of Kawaiiness for Spoon Designs using Eye Movements
Tipporn LaohakangvalvitMichiko OhkuraSITHCS2017-32 HIP2017-32
抄録 (和) Kawaii, a positive adjective that denotes such positive connotations as cute, lovable, and charming, becomes more important as one kansei value. It plays an important role in the success of many products. Based on this success, we believe that kawaii will be a key factor for future product design. In one of our previous study, we experimentally evaluated kawaii illustrations using eye tracking device. The result clarified relationship between kawaii feelings and eye movement indexes. In our other study, we experimentally evaluated kawaiiness of spoon designs. However, we have not employed the eye tracking in the study yet. Then, in this study, we evaluated the kawaiiness of spoon designs using eye tracking. The participant compared and selected more kawaii spoon designs from the pairs on the display, and eye movements had been recording meanwhile. Finally, we obtained the suggestion for the relationship between kawaii feelings and eye movement indexes for spoon designs. 
(英) Kawaii, a positive adjective that denotes such positive connotations as cute, lovable, and charming, becomes more important as one kansei value. It plays an important role in the success of many products. Based on this success, we believe that kawaii will be a key factor for future product design. In one of our previous study, we experimentally evaluated kawaii illustrations using eye tracking device. The result clarified relationship between kawaii feelings and eye movement indexes. In our other study, we experimentally evaluated kawaiiness of spoon designs. However, we have not employed the eye tracking in the study yet. Then, in this study, we evaluated the kawaiiness of spoon designs using eye tracking. The participant compared and selected more kawaii spoon designs from the pairs on the display, and eye movements had been recording meanwhile. Finally, we obtained the suggestion for the relationship between kawaii feelings and eye movement indexes for spoon designs.
キーワード (和) Kansei value / Kawaii / Spoon designs / Eye movements / / / /  
(英) Kansei value / Kawaii / Spoon designs / Eye movements / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 30, HIP2017-32, pp. 205-208, 2017年5月.
資料番号 HIP2017-32 
発行日 2017-05-09 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2017-32 HIP2017-32

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2017-05-16 - 2017-05-17 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,コニュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Support, Communication, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Kawaiiness for Spoon Designs using Eye Movements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Kansei value / Kansei value  
キーワード(2)(和/英) Kawaii / Kawaii  
キーワード(3)(和/英) Spoon designs / Spoon designs  
キーワード(4)(和/英) Eye movements / Eye movements  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Tipporn Laohakangvalvit / Tipporn Laohakangvalvit / Tipporn Laohakangvalvit
第1著者 所属(和/英) Shibaura Institute of Technology (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Michiko Ohkura / Michiko Ohkura / オオクラ ミチコ
第2著者 所属(和/英) Shibaura Institute of Technology (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-17 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2017-32,IEICE-HIP2017-32 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.29(HCS), no.30(HIP) 
ページ範囲 pp.205-208 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2017-05-09,IEICE-HIP-2017-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会