電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-17 14:50
コミュニケーションロボットとの対話におけるモーションの効果 ~ 少自由度ロボットへの頷きの適用 ~
三宅明日香橋本 遼寺中晶郁森西優次NTTHCS2017-38 HIP2017-38
抄録 (和) コミュニケーションロボットとの音声対話が身近になりつつある.これまで,ロボットとの対話に不慣れなユーザがロボットと対話する際,ロボットが話を聞いている感じがせず,話しにくいという問題があった.従来の研究で,CGキャラクタや多自由度ロボットとの対話で非言語情報であるモーションを多数の部位に実装することの有効性が明らかになっているが,少自由度ロボットで動作させる部位が少ない場合の効果は明らかになっていない.少自由度ロボットでの効果を確認できると,市場のより多くのロボットに適用可能になることを鑑みて,本研究ではこのようなロボットを取り上げ,モーションによりロボットが話を聞いている印象を与え,話しやすさを向上させられるか検証することを目指す.そのために,まず印象評価実験を行い,頷きのみを行うモーションを選出した.次にそのモーションを使って対話実験を行い,話しやすさを評価した.その結果,少自由度ロボットであっても話しやすさが有意に向上した. 
(英) Voice interaction with communication robots is becoming popular. A common problem is that novice users have the impression that the robot is not listening to them. Previous studies have shown that non-verbal back-channels such as body motion are effective in enhancing verbal communication. However, whether body motion is also effective for communication with a movement-limited robot or not has not been investigated. This study investigates the effectiveness of adding body motion to enhance communication with a standard model robot. As the first step, we select nodding, implement in a robot and evaluate its effectiveness. The results show that nodding motion can significantly enhance the ease of communicating with a robot.
キーワード (和) 音声対話 / ロボット / モーション / 頷き / / / /  
(英) Spoken Dialogue / Robot / Body Motion / Nodding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 29, HCS2017-38, pp. 255-260, 2017年5月.
資料番号 HCS2017-38 
発行日 2017-05-09 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2017-38 HIP2017-38

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2017-05-16 - 2017-05-17 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,コニュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Support, Communication, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コミュニケーションロボットとの対話におけるモーションの効果 
サブタイトル(和) 少自由度ロボットへの頷きの適用 
タイトル(英) Effects of Body Motion of Communication Robot on Spoken Dialogue 
サブタイトル(英) An Implementation of Nodding to Standard Model Robot 
キーワード(1)(和/英) 音声対話 / Spoken Dialogue  
キーワード(2)(和/英) ロボット / Robot  
キーワード(3)(和/英) モーション / Body Motion  
キーワード(4)(和/英) 頷き / Nodding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 明日香 / Asuka Miyake / ミヤケ アスカ
第1著者 所属(和/英) NTTサービスエボリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Service Evolution Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 遼 / Ryo Hashimoto / ハシモト リョウ
第2著者 所属(和/英) NTTサービスエボリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Service Evolution Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺中 晶郁 / Sayaka Teranaka / テラナカ サヤカ
第3著者 所属(和/英) NTTサービスエボリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Service Evolution Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森西 優次 / Yuji Morinishi / モリニシ ユウジ
第4著者 所属(和/英) NTTサービスエボリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Service Evolution Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-17 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2017-38,IEICE-HIP2017-38 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.29(HCS), no.30(HIP) 
ページ範囲 pp.255-260 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-05-09,IEICE-HIP-2017-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会