電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-16 15:45
プロテウス効果:仮想空間上のアバタの外見が自己の外向性評価に及ぼす影響分析
小栗良介・○神田智子阪工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) オンラインコミュニケーションで使用されるアバタの外見が,そのユーザの行動特性や外向性に影響を与える可能性があることが示されており,プロテウス効果と呼ばれている.本研究では,仮想空間内で使用する自己のアバタの外見と,同伴するアバタの外見が,自己の外向性評価に与える影響を検証した.実験の結果,アバタを自分の分身と考えた群は,自身のアバタに魅力がなければ同伴アバタの魅力に関わらず,自己の外向性評価が低くなるなど,自己アバタの外見によって自己の外向性を変化させるプロテウス効果が見られた.一方,自己アバタを自分の分身と見なさなかった群は,アバタの外見によって自己の外向性評価を変化させずプロテウス効果は見られなかった. 
(英) Proteus effect is known as a phenomenon in which the behavior of an individual, within online virtual worlds, is changed by the appearances of their avatar. This paper reports whether Proteus effect is applicable to accompanying avatars with whom a user's avatar interacts in a virtual world. The results suggest that Proteus effect was applicable to those who perceived the avatar is their alter-ego, while those who did not was not affected by the appearance of the avatar.
キーワード (和) HAI / CMC / アバタ / オンラインコミュニケーション / アバタ介在型コミュニケーション / 外見 / 性格 / プロテウス効果  
(英) avatar / computer-mediated communication / virtual environmnet / transformed social interaction / avatar chat / appearances / personality / Proteus effect  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 29, HCS2017-12, pp. 101-106, 2017年5月.
資料番号 HCS2017-12 
発行日 2017-05-09 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2017-05-16 - 2017-05-17 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,コニュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Support, Communication, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プロテウス効果:仮想空間上のアバタの外見が自己の外向性評価に及ぼす影響分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proteus Effect: Does Appearance of Self-avatar and Accompanying-avatar Affect User's Self-evaluation of Extravertedness? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HAI / avatar  
キーワード(2)(和/英) CMC / computer-mediated communication  
キーワード(3)(和/英) アバタ / virtual environmnet  
キーワード(4)(和/英) オンラインコミュニケーション / transformed social interaction  
キーワード(5)(和/英) アバタ介在型コミュニケーション / avatar chat  
キーワード(6)(和/英) 外見 / appearances  
キーワード(7)(和/英) 性格 / personality  
キーワード(8)(和/英) プロテウス効果 / Proteus effect  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 良介 / Ryosuke Oguri / オグリ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神田 智子 / Tomoko Koda / コウダ トモコ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-16 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2017-12,IEICE-HIP2017-12 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.29(HCS), no.30(HIP) 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-05-09,IEICE-HIP-2017-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会