お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-16 16:35
アクセシビリティに影響を与える配色の特徴
渡辺昌洋望月理香平尾美佐浅野陽子NTTHCS2017-14 HIP2017-14
抄録 (和) インターネットの普及とともにウェブアクセシビリティはますます重要になっている。ウェブアクセシビリティの標準JIS X 8341-3が2016年に公示されており、達成基準を定義することで評価項目が明確になっている。しかし、JISに基づく評価は非常に多くの評価項目があり評価コストが高いことが課題であり、ウェブアクセシビリティの対応がなかなか普及していないのが現状である。本稿では、展示会サイトのパネルのデザインを題材に、アクセシビリティに詳しくない人が制作したパネルの配色を調べた。その結果、強調に使われる赤文字などのコントラスト比が見た目の感覚と異なることがわかった。アクセシビリティ対応の意識はあっても、知識の不足が対応の進まない一因となっていることが示唆された。 
(英) Web accessibility has become more and more important to Web contents with the spread of the Internet. The standard for Web accessibility, Japanese Industrial Standard X 8341-3 was published in 2016 and is testable because it defined success criteria. However, since the evaluation based on the standard has a large number of evaluation items and the evaluation cost is high, it is the current situation that correspondence of Web accessibility is not popular. In this paper, we examined the color scheme of panels produced by people who are not familiar with accessibility, using the design of the panel of the exhibition site as a theme. As a result, it was found that the contrast ratio of the red letters used for emphasis is different from the appearance feeling. Even though there was consciousness of accessibility correspondence, it was suggested that lack of knowledge is one factor that does not go forward.
キーワード (和) / ウェブアクセシビリティ / JIS X 8341-3 / WCAG 2.0 / / / /  
(英) color / Web accessibility / JIS X 8341-3 / WCAG 2.0 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 29, HCS2017-14, pp. 113-118, 2017年5月.
資料番号 HCS2017-14 
発行日 2017-05-09 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2017-14 HIP2017-14

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2017-05-16 - 2017-05-17 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,コニュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Support, Communication, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクセシビリティに影響を与える配色の特徴 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristics of color scheme affecting accessibility 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / color  
キーワード(2)(和/英) ウェブアクセシビリティ / Web accessibility  
キーワード(3)(和/英) JIS X 8341-3 / JIS X 8341-3  
キーワード(4)(和/英) WCAG 2.0 / WCAG 2.0  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 昌洋 / Masahiro Watanabe / ワタナベ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 理香 / Rika Mochizuki / モチヅキ リカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平尾 美佐 / Misa Hirao / ヒラオ ミサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 陽子 / Yoko Asano / アサノ ヨウコ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-16 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2017-14,IEICE-HIP2017-14 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.29(HCS), no.30(HIP) 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-05-09,IEICE-HIP-2017-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会