電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-16 10:25
系列的手続き学習における学習方法の比較
保科みず希森田ひろみ筑波大HCS2017-2 HIP2017-2
抄録 (和) 系列的手続き学習において,学習中に間違えた際どこからやり直すかということが学習に影響するかを調査するため,学習中の間違いに対し最初からやり直す方法(All-back学習法)と間違えた箇所からやり直す方法(Zero-back学習法)という2つの学習方法の学習効率を比較した.実験では,連続ボタン押し課題をもとに,18個のボタン押し順序を学習させた.その際,上記2つの学習方法と,1セットのボタン押し数が異なる2種類のボタン構成を用いた.結果,1セットが2つのボタン押し (2×9課題) の場合,All-back学習法の方が学習中の押し間違いが少なく,時間的・身体的効率が優れている一方で,1セットが3つのボタン押し (3×6課題) の場合,Zero-back学習法の方が間違いが多いものの,時間的・身体的な効率は両学習法の間に差がないことが分かった. 
(英) This study investigated whether the point from which we restart when we have made an error affects the learning of a sequential procedure. We compared All-back method in which participants restart from the beginning of the sequence after making the error and Zero-back method in which they restart from the point at which an error occurred. Based on the sequential button-press task, participants learned button-press sequences made of 9 sets of 2 button-presses ([2 x 9] task) and those made of 6 sets of 3 button-presses ([3 x 6] task) with both these methods. Results showed that, fewer errors occurred and working time was shorter when learning with All-back method for [2 x 9] task, while in the [3 x 6] task fewer errors occurred in learning with All-back method but there was no difference in the working time between these two methods.
キーワード (和) 系列的手続き / 連続ボタン押し課題 / / / / / /  
(英) Sequential procedure / Sequential button-press task / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 30, HIP2017-2, pp. 5-8, 2017年5月.
資料番号 HIP2017-2 
発行日 2017-05-09 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2017-2 HIP2017-2

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2017-05-16 - 2017-05-17 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,コニュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Support, Communication, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 系列的手続き学習における学習方法の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison among Methods in Learning Sequential Procedure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 系列的手続き / Sequential procedure  
キーワード(2)(和/英) 連続ボタン押し課題 / Sequential button-press task  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 保科 みず希 / Mizuki Hoshina / ホシナ ミズキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 ひろみ / Hiromi Morita / モリタ ヒロミ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-16 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2017-2,IEICE-HIP2017-2 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.29(HCS), no.30(HIP) 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2017-05-09,IEICE-HIP-2017-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会