電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 09:20
テレパシー通信の理論 ~ マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信 ~
小池 誠マイクロ特許
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マイクロ波聴覚効果とは矩形波のマイクロ波が音として聞こえる現象である。そこで,マイクロ波を搬送波として音声信号でパルス符号変調を行い,更に,頭部にマイクロ波ビームを照射することにより,マイクロ波聴覚効果により頭部が音声信号を復調する。具体的には,音声信号の振幅が大きい時間セグメントで,頭部に照射される電磁波エネルギーが大きくなるようにパルス符号変調がされている。マイクロ波安全基準を満たすために,個々のパルスが複数の短パルスに分解されている。 
(英) Microwave auditory effect refers to phenomenon that a pulse of microwave induces hearing sensation. A speech signal is encoded by pulse code modulation, and then a microwave beam, which serves as a carrier, is irradiated onto the head of a recipient so that microwave auditory effect decodes the modulation so as to regenerate the acoustic signal in the head. In the pulse code modulation, when an amplitude of the acoustic signal is large, the electromagnetic energy impinged upon the head is large accordingly. Each pulse is divided into a plurality of short pulses so as to satisfy the safety standard of microwave.
キーワード (和) マイクロ波聴覚効果 / パルス符号変調 / マイクロ波通信 / テレパシー / 安全基準 / / /  
(英) microwave auditory effect / pulse code modulation / microwave communication / telepathy / safety standard / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 20, MICT2017-5, pp. 19-23, 2017年5月.
資料番号 MICT2017-5 
発行日 2017-05-04 (RCC, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC MICT  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 高信頼制御通信, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般 
テーマ(英) Reliable Communication and Control, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2017-05-RCC-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テレパシー通信の理論 
サブタイトル(和) マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信 
タイトル(英) Theory of Telepathic Communication 
サブタイトル(英) Microwave Communication with Microwave Auditory Effect 
キーワード(1)(和/英) マイクロ波聴覚効果 / microwave auditory effect  
キーワード(2)(和/英) パルス符号変調 / pulse code modulation  
キーワード(3)(和/英) マイクロ波通信 / microwave communication  
キーワード(4)(和/英) テレパシー / telepathy  
キーワード(5)(和/英) 安全基準 / safety standard  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 誠 / Makoto Koike /
第1著者 所属(和/英) マイクロ特許事務所 (略称: マイクロ特許)
Micro Patent Office (略称: MicroPatent)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-RCC2017-5,IEICE-MICT2017-5 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.19(RCC), no.20(MICT) 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCC-2017-05-04,IEICE-MICT-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会