お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 11:35
アドホックネットワークにおける予測リンク継続時間とホップ数を考慮した経路制御方式
長田 航三須剛史花田真樹東京情報大)・金光永煥早大)・永井保夫東京情報大IN2017-6
抄録 (和) 今後,社会のIoT(Internet of Things)化が進むにつれ,ネットワークに接続することが可能な自動車「コネクテッドカー」の普及が拡大し,加えて,無線LAN等による端末間通信が可能なスマートフォンの保有率が急激に増加すると予想されている.
このような状況では,無線LAN等により、スマートフォンと自動車間、スマートフォン同士間、自動車同士間での直接通信が可能となり,アドホック無線端末(無線通信デバイス)の移動に伴うリンク切断による通信品質劣化への対応がより重要となってくる.
これまでに,リンク品質を指標とした経路制御方式などが提案されているが,これらの方式ではアドホック無線端末の移動性が低い環境を想定しており,アドホック無線端末が多様な移動パターンをとる環境では移動予測を考慮した経路の構築が必要となる.
本稿では,多様な移動パターンに対してリンクの継続時刻を予測し,リンクの予測継続時刻を用いて,より安定した経路の構築を行う方式を提案する.
計算機シミュレーションの結果から,従来方式と比較して,ある条件下でスループットが向上し,リンク切断回数が短縮できることを示す. 
(英) With the growth of IoT (Internet of Things), cars that are equipped with Internet access (i.e., connected cars) are gradually becoming widespread.
In addition, smartphone ownership continues to rise.
In this situation, communication between smartphone and car, among cars and among smartphones becomes possible.
Therefore, it is important to prevent communication quality degradation caused by link disconnection among ad hoc mobile devices.
In order to resolve these issues, some ad hoc routing protocols based on link quality were proposed in past literatures.
However, these ad hoc routing protocols assume that mobile devices' moving speed is low.
In this paper, we propose ad hoc routing algorithm to provide stable path by predicting link disconnection time for various mobile devices' movement patterns.
In experimental evaluation, we showed that the proposed ad hoc routing algorithm outperforms the traditional ad hoc routing algorithm in terms of the link disconnection.
キーワード (和) アドホックネットワーク / リンク切断 / 経路制御プロトコル / / / / /  
(英) Ad Hoc Network / Link Disconnection / Ad Hoc Routing Protocol / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 21, IN2017-6, pp. 25-30, 2017年5月.
資料番号 IN2017-6 
発行日 2017-05-04 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2017-6

研究会情報
研究会 RCS IN NV  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET,モバイルネットワーク,M2M・IoT通信制御,無線LAN(Wi-Fi),IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-05-RCS-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける予測リンク継続時間とホップ数を考慮した経路制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ad-hoc Routing Method based on Predicted Link Connection Duration and Hop Count 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad Hoc Network  
キーワード(2)(和/英) リンク切断 / Link Disconnection  
キーワード(3)(和/英) 経路制御プロトコル / Ad Hoc Routing Protocol  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長田 航 / Wataru Nagata / ナガタ ワタル
第1著者 所属(和/英) 東京情報大学大学院 (略称: 東京情報大)
Tokyo University of Information Sciences (略称: Tokyo Univ. of Information Sciences)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三須 剛史 / Takeshi Misu / ミス タケシ
第2著者 所属(和/英) 東京情報大学大学院 (略称: 東京情報大)
Tokyo University of Information Sciences (略称: Tokyo Univ. of Information Sciences)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 花田 真樹 / Masaki Hanada / ハナダ マサキ
第3著者 所属(和/英) 東京情報大学大学院 (略称: 東京情報大)
Tokyo University of Information Sciences (略称: Tokyo Univ. of Information Sciences)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金光 永煥 / Hidehiro Kanemitsu / カネミツ ヒデヒロ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 保夫 / Yasuo Nagai / ナガイ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 東京情報大学大学院 (略称: 東京情報大)
Tokyo University of Information Sciences (略称: Tokyo Univ. of Information Sciences)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-6 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会