電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 10:50
コミットメントのコピーに必要なカード枚数について
宮原大輝東北大)・林 優一奈良先端大)・水木敬明曽根秀昭東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 黒と赤のカードを用いて秘密計算を実現するカードベース暗号が知られている.カードベース暗号では,ビットを黒と赤のカードの並びに基づき符号化し,ビットに対応する裏に置かれた2 枚のカードをコミットメントと呼ぶ.コミットメントを入力とし,値を秘密にしたまま$n$ 個のコミットメントに複製することをコピーと呼ぶ.本稿では,カードベース暗号においてコピーを行う際に必要なカード枚数の下界を解明する.具体的には,コピーを合計$2n$ 枚のカードを用いて実現することは不可能であることを示す.更に,合計$2n+1$ 枚のカードを用いた有限時間で必ず実行が終了するコピープロトコルは存在しないことを示す. 
(英) Card-based cryptography performs secure multi-party computation with black and red cards. Usually, a Boolean value is encoded based on the order of a black card and a red card; such a pair of face-down cards is called a commitment to the corresponding bit. A copy protocol makes $n$ commitments from an input commitment. This paper shows lower bounds on the numbers of cards for performing copy. Specifically, we show that it is impossible to construct a copy protocol with $2n$ cards. Furthermore, we show that there is no finite-runtime copy protocol with $2n+1$ cards.
キーワード (和) カードベース暗号 / 秘密計算 / カード組 / カードゲーム / / / /  
(英) Card-Based Cryptography / Secure Multi-Party Computation / Deck of Cards / Card games / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 25, ISEC2017-3, pp. 15-22, 2017年5月.
資料番号 ISEC2017-3 
発行日 2017-05-05 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2017-05-12 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-05-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コミットメントのコピーに必要なカード枚数について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on the Numbers of Cards Required to Make Copied Commitments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カードベース暗号 / Card-Based Cryptography  
キーワード(2)(和/英) 秘密計算 / Secure Multi-Party Computation  
キーワード(3)(和/英) カード組 / Deck of Cards  
キーワード(4)(和/英) カードゲーム / Card games  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮原 大輝 / Daiki Miyahara / ミヤハラ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 優一 / Yu-ichi Hayashi / ハヤシ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水木 敬明 / Takaaki Mizuki / ミズキ タカアキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 秀昭 / Hideaki Sone / ソネ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-3 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.15-22 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2017-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会