お知らせ 6月26日(水)13:00~14:00 ハードディスク交換のため一時的に利用できなくなります
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 10:00
鍵更新可能な検索可能暗号の一提案 ~ 検索可能代理人再暗号化の適用について ~
松崎なつめ穴田啓晃長崎県立大)・渡邉洋平電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 検索可能暗号は,高機能暗号の中でも最も実用化に近い技術として盛んに研究されている.我々は,検索可能暗号におけるクライアント鍵の更新に着目し,松崎ら(SCIS2017)において概念モデルを示した.
本稿では,モデルを詳細化するとともに機能要件を示す.さらに,その具体的構成法として,Bidirectional の性質を持つ Shao らの検索可能代理人再暗号化方式 (Shao et al. 2010) をUnidirectionality の要件に合うように変形して,本モデルに適用した方式を提案する. 
(英) Searchable encryption is one of the advanced cryptographic primitives,
which is being studied and developed actively
due to the feature of being the nearest to practical use.
We focused on the point of updating client keys of a searchable encryption
and showed an abstract model, in Matsuzaki et al. SCIS2017.
In this paper,
we further show a detailed model as well as the requirements for desirable functionalities.
Then we propose a concrete construction that meets the requirements and that fits to our model.
First we modify the scheme of proxy re-encryption with keyword search
of Shao et al. 2010, which possesses the bidirectionality,
so that it attains the unidirectionality,and we apply it into our model.
キーワード (和) 検索可能暗号 / 鍵更新 / 代理人再暗号化 / / / / /  
(英) searchable encryption / key update / proxy re-encryption / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 25, ISEC2017-1, pp. 1-6, 2017年5月.
資料番号 ISEC2017-1 
発行日 2017-05-05 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2017-05-12 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-05-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 鍵更新可能な検索可能暗号の一提案 
サブタイトル(和) 検索可能代理人再暗号化の適用について 
タイトル(英) A Proposal on Key-Updatable Searchable Encryption 
サブタイトル(英) Applying Proxy Re-Encryption with Keyword Search 
キーワード(1)(和/英) 検索可能暗号 / searchable encryption  
キーワード(2)(和/英) 鍵更新 / key update  
キーワード(3)(和/英) 代理人再暗号化 / proxy re-encryption  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 なつめ / Natsume Matsuzaki / マツザキ ナツメ
第1著者 所属(和/英) 長崎県立大学 (略称: 長崎県立大)
University of Nagasaki (略称: Univ. of Nagasaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 穴田 啓晃 / Hiroaki Anada / アナダ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 長崎県立大学 (略称: 長崎県立大)
University of Nagasaki (略称: Univ. of Nagasaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 洋平 / Yohei Watanabe / ワタナベ ヨウヘイ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: Univ. of Nagasaki)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-1 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2017-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会