電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 17:00
[招待講演]How to Obtain Fully Structure-Preserving (Automorphic) Signatures from Structure-Preserving Ones
Yuyu WangTokyo Tech/AIST)・Zongyang ZhangBeihang University)・Takahiro MatsudaGoichiro HanaokaAIST)・Keisuke TanakaTokyo Tech
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) In this paper, we bridge the gap between structure-preserving signatures (SPSs) and fully structure-preserving signatures (FSPSs). In SPSs, all the messages, signatures, and verification keys consist only of group elements, while in FSPSs, even signing keys are required to be a collection of group elements. To achieve our goal, we introduce two new primitives called trapdoor signature and signature with auxiliary key, both of which can be derived from SPSs. By carefully combining both primitives, we obtain generic constructions of FSPSs from SPSs. Upon instantiating the above two primitives, we get many instantiations of FSPS with unilateral and bilateral message spaces. Different from previously proposed FSPSs, many of our instantiations also have the automorphic property, i.e., a signer can sign his own verification key. As by-product results, one of our instantiations has the shortest verification key size, signature size, and lowest verification cost among all previous constructions based on standard assumptions, and one of them is the first FSPS scheme in the type I bilinear group. 
(英) In this paper, we bridge the gap between structure-preserving signatures (SPSs) and fully structure-preserving signatures (FSPSs). In SPSs, all the messages, signatures, and verification keys consist only of group elements, while in FSPSs, even signing keys are required to be a collection of group elements. To achieve our goal, we introduce two new primitives called trapdoor signature and signature with auxiliary key, both of which can be derived from SPSs. By carefully combining both primitives, we obtain generic constructions of FSPSs from SPSs. Upon instantiating the above two primitives, we get many instantiations of FSPS with unilateral and bilateral message spaces. Different from previously proposed FSPSs, many of our instantiations also have the automorphic property, i.e., a signer can sign his own verification key. As by-product results, one of our instantiations has the shortest verification key size, signature size, and lowest verification cost among all previous constructions based on standard assumptions, and one of them is the first FSPS scheme in the type I bilinear group.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) signature / trapdoor signature / fully structure-preserving / automorphic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 25, ISEC2017-12, pp. 63-63, 2017年5月.
資料番号 ISEC2017-12 
発行日 2017-05-05 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2017-05-12 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-05-ISEC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How to Obtain Fully Structure-Preserving (Automorphic) Signatures from Structure-Preserving Ones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / signature  
キーワード(2)(和/英) / trapdoor signature  
キーワード(3)(和/英) / fully structure-preserving  
キーワード(4)(和/英) / automorphic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 煜宇 / Yuyu Wang /
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学/産業技術総合研究所 (略称: 東工大/産総研)
Tokyo Institute of Technology/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: Tokyo Tech/AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 宗洋 / Zongyang Zhang /
第2著者 所属(和/英) 北京航空航天大学 (略称: 北京航空航天大)
Beihang University (略称: Beihang University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 隆弘 / Takahiro Matsuda /
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 花岡 悟一郎 / Goichiro Hanaoka /
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 圭介 / Keisuke Tanaka /
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 産総研)
Tokyo Institute of Technology/AIST (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-12 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 p.63 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ISEC-2017-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会