お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-11 09:20
ビーム探索情報を利用した5G低SHF帯Massive MIMOサイト間連携法の検討
吉岡翔平須山 聡奥山達樹増野 淳奥村幸彦NTTドコモRCS2017-30
抄録 (和) 超高速・大容量を実現する第5世代移動通信システム(5G)では,超多素子アンテナ(Massive MIMO)ビームフォーミング(BF)技術により高伝搬損失を補償しつつ,高周波数帯における高帯域幅を利用する.低SHF帯ではフルデジタルのBF技術が適用可能であり,デジタル固定BFとチャネル情報(Channel State Information: CSI)に基づくプリコーディングの結合処理であるデジタルFBCP(Fixed BF and CSI-based Precoding)が提案されている.また,低SHF帯では複数サイトの連続したエリア形成の早期実施が想定され,サイト間干渉を低減しつつ多ストリーム伝送を効率良く行うために,デジタルFBCPを用いたサイト間連携方式が提案されている.さらなる伝送特性改善を目的として,本報告ではデジタルFBCPにおけるビーム探索を利用して拡張した方式を検討する.ビーム探索における受信電力情報から,干渉を考慮したプリコーディング手法の適用およびサイト間連携の適用範囲決定を実施する.リンクレベルシミュレーションにより,検討方式を適用した時のデジタルFBCPのスループット特性を示し,ビーム探索における受信電力情報を用いることでスループットを改善できることを明らかにする. 
(英) The fifth-generation (5G) mobile communication system will utilize higher frequency bands with wider bandwidth for super high bit rate and large system capacity. In low-SHF-band, fully-digital Massive multiple-input multiple-output (MIMO) beamforming (BF) technology can be applied, and joint processing of digital fixed BF and channel state information (CSI)-based precoding (Digital FBCP) is proposed as one of the fully-digital methods. Additionally, it is assumed that multiple sites cover continuous areas early. Intersite coordination methods using Digital FBCP are proposed in order to transmit effectively multiple streams while decreasing intersite interference. For further improvement, in this paper, we study enhanced intersite coordination with beam search in Digital FBCP. Received power information applies interference-considered precoding method and determines applied area of the intersite coordination. Throughput performances of Digital FBCP with enhanced method are shown by link level simulation and this paper clarify that the enhanced method can improve throughput performance by utilizing received power information of beam search.
キーワード (和) 5G / 低SHF帯 / Massive MIMO / デジタルビームフォーミング / サイト間連携 / / /  
(英) 5G / Low-SHF-band / Massive MIMO / Digital Beamforming / Intersite Coordination / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 22, RCS2017-30, pp. 1-6, 2017年5月.
資料番号 RCS2017-30 
発行日 2017-05-04 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2017-30

研究会情報
研究会 RCS IN NV  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET,モバイルネットワーク,M2M・IoT通信制御,無線LAN(Wi-Fi),IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-05-RCS-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビーム探索情報を利用した5G低SHF帯Massive MIMOサイト間連携法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Enhanced Intersite Coordination using Beam Search for 5G Low-SHF-Band Massive MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 低SHF帯 / Low-SHF-band  
キーワード(3)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) デジタルビームフォーミング / Digital Beamforming  
キーワード(5)(和/英) サイト間連携 / Intersite Coordination  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 翔平 / Shohei Yoshioka / ヨシオカ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-11 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-30 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.22 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会