電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-27 15:20
超音波照射下のマイクロバブル表面における分子膜形成と脱離
中田真希子谷村望美小山大介同志社大)・Marie Pierre KrafftCNRSUS2017-9
抄録 (和) 現在臨床において超音波造影剤として用いられるマイクロバブルについて,ドラッグ・デリバリ・システム(DDS)における薬物キャリアとしての応用が検討されている.超音波と組み合わせたDDSで用いられるマイクロバブルは,血流中での寿命を延ばし,内外に含有する薬物の流出を防ぐため,その周囲に分子膜を有する.超音波照射をトリガとしてマイクロバブル中の薬物を局所的に患部に放出するため,超音波によるバブルの挙動・崩壊特性を明らかにすることは重要である.本報告では特に,マイクロバブル周囲分子膜の形成に着目し,周囲膜がバブルの崩壊音圧閾値に与える影響について検討を行った.表面張力の時間変化によってバブル周囲への分子膜の形成を確認したものの,周囲膜の有無がバブルの崩壊音圧閾値に与える影響は認められなかった.その原因として,超音波照射によるバブルの周囲分子膜の脱離が考えられる. 
(英) Application of microbubbles used as ultrasonic contrast agents to drug carrier through blood vessels is under development. Microbubbles used with ultrasound and drug have a monomolecular film to contain the drug and prolong the lifetime. The behavior and destruction characteristics of microbubbles under ultrasonic exposure is important factor to control the release of drug. In this report, we focused on formation of a monomolecular film around the microbubble and examine effects of the film on the sound pressure threshold for the destruction. Although the formation of the monomolecular film could be observed throuhg change in the surface tension, the sound pressure threshold for the destruction showed little change in the cases with or without the monomolecular film. These results implied that the molecular was desorbed from the bubble surface by ultrasound exposure.
キーワード (和) マイクロバブル / 分子膜 / 崩壊 / 表面張力 / / / /  
(英) Microbubble / monomolecular film / collapse / surface tension / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 14, US2017-9, pp. 41-45, 2017年4月.
資料番号 US2017-9 
発行日 2017-04-20 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-9

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-04-27 - 2017-04-27 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 非線形音響, 一般 (共催:非線形音響研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-04-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波照射下のマイクロバブル表面における分子膜形成と脱離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Formation and desorption of a monomolecular film on microbubble surface under ultrasound exposure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロバブル / Microbubble  
キーワード(2)(和/英) 分子膜 / monomolecular film  
キーワード(3)(和/英) 崩壊 / collapse  
キーワード(4)(和/英) 表面張力 / surface tension  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 真希子 / Makiko Nakata / ナカタ マキコ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 望美 / Nozomi Tanimura / タニムラ ノゾミ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 大介 / Daisuke Koyama / コヤマ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Marie Pierre Krafft / Marie Pierre Krafft /
第4著者 所属(和/英) Institute Charles Sadron (略称: CNRS)
Institute Charles Sadron (略称: CNRS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-27 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-9 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2017-04-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会