お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-24 14:00
[招待講演]超広帯域光送信器実現に向けた帯域ダブラ技術
長谷宗彦山崎裕史濱岡福太郎野坂秀之宮本 裕NTTPN2017-2
抄録 (和) 光通信システムの大容量化に向けて,多値変調フォーマットの導入と併せて変調速度(シンボルレート)を高速化する検討が活発化してきている.高速な多値変調信号を生成するためには,光送信器に広帯域なデジタル/アナログ変換器(DAC)が必要となるが,従来のSi CMOSを用いて実現されるDACでは,アナログ帯域の拡張が難しく,シンボルレート高速化に対するボトルネックとなる可能性がある.そこで我々は,アナログマルチプレクサ(AMUX)と前置デジタル信号処理を用いた帯域ダブラ技術を新たに提案し,CMOSを用いたDACのアナログ帯域を2倍化することに成功した.また本帯域ダブラ技術の適用により,250Gb/sのIMDD伝送および100Gbaud級の長距離デジタルコヒーレント伝送にも成功し,本技術の有用性を示した. 
(英) High-symbol-rate optical transmission schemes with advanced multilevel modulation formats are now attracting a great deal of attention for increasing transmission capacity. Broadband digital-to-analog converters (DACs) are key components for such high-symbol-rate systems. Conventional CMOS-based DACs have limited analog bandwidth and will be one of the major limiting factors for the system capacity. We devised a novel method to double the bandwidth of DACs, which we call a bandwidth doubler, based on an analog multiplexer (AMUX) and a digital preprocessor. We successfully demonstrated a 250-Gb/s IMDD optical transmission and 100-Gbaud-class digital coherent optical transmissions using the bandwidth doubler.
キーワード (和) 光通信 / 多値変調 / デジタル/アナログ変換 / アナログマルチプレクサ / / / /  
(英) Optical communication / multilevel modulation / digital-to-analog converter / analog multiplexer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 12, PN2017-2, pp. 7-12, 2017年4月.
資料番号 PN2017-2 
発行日 2017-04-17 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2017-2

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2017-04-24 - 2017-04-24 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 信号処理、光デバイス、光システム、光ネットワーク、一般 
テーマ(英) Signal Processing, Optical Devices, Optical Systems, Optical Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2017-04-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超広帯域光送信器実現に向けた帯域ダブラ技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bandwidth Doubler for Ultra-Broadband Optical Transmitter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光通信 / Optical communication  
キーワード(2)(和/英) 多値変調 / multilevel modulation  
キーワード(3)(和/英) デジタル/アナログ変換 / digital-to-analog converter  
キーワード(4)(和/英) アナログマルチプレクサ / analog multiplexer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷 宗彦 / Munehiko Nagatani / ナガタニ ムネヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 裕史 / Hiroshi Yamazaki / ヤマザキ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱岡 福太郎 / Fukutaro Hamaoka / ハマオカ フクタロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野坂 秀之 / Hideyuki Nosaka / ノサカ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 裕 / Yutaka Miyamoto / ミヤモト ユタカ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-24 14:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2017-2 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2017-04-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会