電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-24 11:20
多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ 逐次型干渉抑圧・除去とマルチユーザ検出型干渉抑圧・除去に関する検討 ~
森山雅文滝沢賢一手塚隼人大堂雅之表 昌佑村上 誉石津健太郎児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IoT(Internet of Things)の普及に伴い上りトラフィックの急増が予測されている.第5世代移動通信システムにおける基地局は,個々のデータ量は小さいもののその数が膨大であるIoT端末からの上り信号を効率的に受信することが求められている.我々は,この課題を解決するため,1基地局当たりの収容端末台数を増加させる技術及び低遅延通信を実現する技術の研究開発を進めているところである.本稿では,この多数接続及び低遅延の実現に必要な端末識別技術,伝搬路推定技術及び干渉抑圧・除去技術を提案する.干渉抑圧・除去技術については逐次型干渉抑圧・除去SIC(Successive Interference Cancellation)及びマルチユーザ検出型干渉抑圧・除去PIC (Parallel Interference Cancellation) の2つを提案し,その性能差を計算機シミュレーションにより示す.シミュレーションの結果,PICは各端末の信号差SIR(Signal to Interference Ratio)が小さい状況でも優れた信号分離性能を示すことが確認された. 
(英) A rapid increase of uplink traffic is predicted with the spread of IoT (Internet of Things) devices. The 5G (5th generation mobile communications systems) requires that base stations effectively receive small-size packets but massive uplink signals transmitted by the IoT devices. To solve this problem, we have researched and developed techniques to increase number of devices that one base station can accumulate and to decrease delay time. In this paper, we propose an identification technique, a channel estimation method and ISCTs (Interference Suppuration and Cancellation Techniques) to realize massive connection and low latency communication. The ISCTs in this paper consist of SIC (Successive Interference Cancellation) and PIC (Parallel Interference Cancellation). These performances between the SIC and the PIC are compared by computer simulation. As the results of the simulation, we found that signal separation performance of the PIC is superior to that of the SIC since PIC can separate received signals in low SIR (Signal to Interference Ratio), which means difference between received power of each device.
キーワード (和) IoT / 多数デバイス / LTE / ランダムアクセス / コンテンション通信 / 低遅延 / グラントフリー / 干渉除去  
(英) IoT / Massive Devices / LTE / Random Access / Contention Based Communication / Low Latency / Grant Free / Interference Cancellation  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 11, RCS2017-5, pp. 23-28, 2017年4月.
資料番号 RCS2017-5 
発行日 2017-04-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-04-24 - 2017-04-25 
開催地(和) ことひら温泉 琴参閣 
開催地(英) Kotohira Onsen Kotosankaku 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 
サブタイトル(和) 逐次型干渉抑圧・除去とマルチユーザ検出型干渉抑圧・除去に関する検討 
タイトル(英) Efficient Radio Access for Massive Machine-Type Communication 
サブタイトル(英) Studies of Successive Interference Cancellation and Parallel Interference Cancellation 
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) 多数デバイス / Massive Devices  
キーワード(3)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(4)(和/英) ランダムアクセス / Random Access  
キーワード(5)(和/英) コンテンション通信 / Contention Based Communication  
キーワード(6)(和/英) 低遅延 / Low Latency  
キーワード(7)(和/英) グラントフリー / Grant Free  
キーワード(8)(和/英) 干渉除去 / Interference Cancellation  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 雅文 / Masafumi Moriyama / モリヤマ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 隼人 / Hayato Tezuka / テヅカ ハヤト
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大堂 雅之 / Masayuki Oodo / オオドウ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 昌佑 / Changwoo Pyo / Changwoo Pyo
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishidu / イシヅ ケンタロウ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-24 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-5 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-04-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会