電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-20 16:15
[特別招待講演]ホワイトボックス10G-EPONを用いた実践的ONOS実装の試み ~ オープンvOLHTAに関する議論 ~
草野俊彦オリバーソリューションズ)・吉本直人千歳科技大CS2017-6 CQ2017-4
抄録 (和) 近年オープンソースとクラウドの融合によるネットワークインフラの変革が提唱され、Open Network OS(ONOS)を従来の加入者交換局(Central Office(CO))に適応するCentral Offices Re-architected as Datacenters (CORD)に脚光が当たっている。CORDでは、光加入者装置(OLT)のハードウェアをデータ転送機能に限定したホワイトボックスと位置づけ、ハード・ソフト機能配分のドラスティックな変革、すなわち既存装置内システム管理ソフトのサーバへの移行=データセンター化を提唱している。
本講演では、ONOSとCORDの概要、ホワイトボックス10G-EPON OLT装置を用いたONOSの実装、更なるオープン化の対象であるONOSとホワイトボックスHWを結合するvirtual OLT Hardware Adaptation (vOLTHA)の実現手法を紹介し、併せてvOLTHAオープン化の現実性・課題について考察する。また、仮想化OLTのスマートシティへの適用を念頭に、千歳科技大におけるフィールドトライアル構想について紹介する。 
(英) By the growing popularity of open source software and could technology, Central Offices Re-architected as Datacenters (CORD) using Open Network OS(ONOS) has been proposed for changing the central office architecture paradigm. CORD defines an Optical Line Termination (OLT) devices as a whitebox which provides primitive packet transfer function and moves traditional management software features inside of server computers; that is the reason of naming it as re-architected as datacenters.
This presentation introduces; abstracted overview of ONOS and CORD, ONOS implementation over whitebox 10G-EPON, realization of virtual OLT Hardware Adaptation (vOLTHA), and discussion for bringing openness in a vOLTHA and its challenges. In the last, introduce a vOLT field trial plan at CIST aims to apply the technology to a smart city.
キーワード (和) OLT仮想化 / オープンアーキテクチャ / / / / / /  
(英) vOLTHA / vOLT / ONOS / CORD / virtualization / NFV / SDN /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 4, CS2017-6, pp. 23-29, 2017年4月.
資料番号 CS2017-6 
発行日 2017-04-13 (CS, CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2017-6 CQ2017-4

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2017-04-20 - 2017-04-21 
開催地(和) 千歳科学技術大学 
開催地(英) Chitose Institute of Science and Technology 
テーマ(和) ネットワークサービス,サービス品質,SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions Virtualization),ネットワーク仮想化,クラウド,コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Network Serice, Service Quality, SDN (Software-Defined Networking), NFV (Network Functions. Virtualization), Network Virtualization, Cloud, Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホワイトボックス10G-EPONを用いた実践的ONOS実装の試み 
サブタイトル(和) オープンvOLHTAに関する議論 
タイトル(英) Practical ONOS Implementation over Whitebox 10G-EPON 
サブタイトル(英) Discussion for Open vOLTHA 
キーワード(1)(和/英) OLT仮想化 / vOLTHA  
キーワード(2)(和/英) オープンアーキテクチャ / vOLT  
キーワード(3)(和/英) / ONOS  
キーワード(4)(和/英) / CORD  
キーワード(5)(和/英) / virtualization  
キーワード(6)(和/英) / NFV  
キーワード(7)(和/英) / SDN  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 草野 俊彦 / Toshihiko Kusano / クサノ トシヒコ
第1著者 所属(和/英) オリバーソリューションズLtd (略称: オリバーソリューションズ)
Oliver Solutions Ltd. (略称: Oliver Solutions)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 直人 / Naoto Yoshimoto / ヨシモト ナオト
第2著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Insititute of Science and Technology (略称: CIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-20 16:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2017-6,IEICE-CQ2017-4 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.4(CS), no.5(CQ) 
ページ範囲 pp.23-29(CS), pp.11-17(CQ) 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-CS-2017-04-13,IEICE-CQ-2017-04-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会