お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-20 13:55
屈折率分布の制御による有機薄膜太陽電池のための光反射防止技術
久保田 繁原田佳宜山形大)・須藤健成早大)・鹿又健作有馬ボシールアハンマド山形大)・水野 潤早大)・廣瀬文彦山形大ED2017-2 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2017-2
抄録 (和) 有機薄膜太陽電池は,安価に合成可能な有機半導体を発電層に利用した太陽電池であり,低コストで軽量化,フレキシブル化,大面積化が可能な次世代の発電デバイスとして,近年非常に注目されている.また,有機半導体がLEDや蛍光灯といった室内光源の照射スペクトルに適合した吸収バンド特性を持つことから,室内用太陽電池としても期待されている.本研究では,表面ナノテクスチャ(モスアイ)構造と高屈折率ガラスを用いて,有機太陽電池デバイス全体の屈折率分布を制御する新しい光学技術の検討を行い,提案構造が太陽光,室内光源の双方で高い反射防止性能を有すること,斜めの光も含めた幅広い入射角で優れた性能を持つことを示す. 
(英) Organic photovoltaics (OPVs) are the devices in which organic semiconductors are used as an active layer. The OPVs receive high attention, because they can be low cost, light weight, and flexible power generation devices for next generation. Since OPVs have an absorption band that matches the irradiance spectra of indoor light sources such as LED and fluorescent lamp, the OPVs are also promising as indoor solar cell devices. In this report, we study an antireflection technique for OPVs by which the refractive index profile of the device is controlled by using surface nanotexture (moth eye) and high refractive index glass. We show that the proposed system has high antireflective function for both indoor and outdoor light conditions, and also for oblique light conditions with large incident angles.
キーワード (和) 有機太陽電池 / ナノテクスチャ / 反射防止 / 室内用太陽電池 / / / /  
(英) Organic photovoltaics / Nanotexture / Antireflection / Indoor solar cell / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 6, ED2017-2, pp. 5-7, 2017年4月.
資料番号 ED2017-2 
発行日 2017-04-13 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2017-2 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2017-2

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2017-04-20 - 2017-04-21 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 本館 6階 大会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 有機デバイス、酸化物デバイス、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2017-04-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屈折率分布の制御による有機薄膜太陽電池のための光反射防止技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Antireflection technique for organic solar cells by the control of refractive index profile 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機太陽電池 / Organic photovoltaics  
キーワード(2)(和/英) ナノテクスチャ / Nanotexture  
キーワード(3)(和/英) 反射防止 / Antireflection  
キーワード(4)(和/英) 室内用太陽電池 / Indoor solar cell  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 繁 / Shigeru Kubota / クボタ シゲル
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 佳宜 / Yoshiki Harada / ハラダ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須藤 健成 / Takenari Sudo / スドウ タケナリ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿又 健作 / Kensaku Kanomata / カノマタ ケンサク
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 ボシールアハンマド / Bashir Ahmmad / アリマ ボシールアハンマド
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 潤 / Jun Mizuno / ミズノ ジュン
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 文彦 / Fumihiko Hirose / ヒロセ フミヒコ
第7著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-20 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2017-2 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.5-7 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-ED-2017-04-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会