お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-20 14:45
サービスチェイニングにおける共用可能VNFを考慮したリソースプール管理法
山本周平橘 拓至福井大NS2017-4
抄録 (和) 本稿では,多様なサービスチェイン要求に対して,VNF を適切に構築するための最適リソースプール管理法を提案する.提案法では,目的に応じた2 つの最適化問題を定式化し,最適化問題の解を導出することでVNF の配置・利用を決定する.ここで,1 つ目の最適化問題では,各リソースに対する平均使用率の最大値を最小にすることを目標にする.一方,2 つ目の最適化問題では,各種リソースの使用量とあらかじめ設定した目標値との分散を最小にする.これらの最適化問題の解を遺伝的アルゴリズムによって導出することで,各ユーザで共有されるVNF が決定されて適切なVNF の配置・提供が実現される.提案法の性能をシミュレーションで評価し,3 つの異なる方式と性能を比較する.数値例では,様々な状況下で提案法の有効性を調査し,両提案法を用いることによって各リソースの平均使用率が低減することを示す.また,提案法によって各リソースが公平に使用され,適切なリソース管理が実現できることを示す. 
(英) In this paper, we propose two optimal methods for managing resource pool in service chaining. In the proposed methods, each type of resource is managed to place each VNF in servers for multiple service chains by solving an optimization problem. Here, we considers two optimization problems. In the first problem, VNFs that are shared by multiple service chains are determined so as to minimize the maximum utilization rate of a resource. On the other hand, in the second problem, VNFs that are shared by multiple service chains are determined so as to minimize the variance of the utilization rate against the target ratio. By solving each problem with genetic algorithm, an appropriate amount of resources can be used for each VNF. We evaluate the performance of the two proposed methods with simulation, and investigate the effectiveness of the proposed methods by comparing with those of other three methods. Numerical examples show that our proposed methods are effective for managing resource pool in service chaining.
キーワード (和) サービスチェイン / VNF / リソースプール / 最適化問題 / NFV / / /  
(英) Service chaining / Virtual network function / Resource pool / Optimization problem / Network function virtualization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 3, NS2017-4, pp. 19-24, 2017年4月.
資料番号 NS2017-4 
発行日 2017-04-13 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2017-4

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2017-04-20 - 2017-04-21 
開催地(和) 富山商工会議所 
開催地(英) Toyama Shoko Kaigisyo 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービスチェイニングにおける共用可能VNFを考慮したリソースプール管理法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Management of Resource Pool Considering Sharable VNF for Service Chaining 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービスチェイン / Service chaining  
キーワード(2)(和/英) VNF / Virtual network function  
キーワード(3)(和/英) リソースプール / Resource pool  
キーワード(4)(和/英) 最適化問題 / Optimization problem  
キーワード(5)(和/英) NFV / Network function virtualization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 周平 / Shuhei Yamamoto / ヤマモト シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 拓至 / Takuji Tachibana / タチバナ タクジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-20 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-4 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.3 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-04-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会