電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-14 14:55
モバイル端末の電磁的情報漏洩抑制に向けた周波数選択性シールドの小型化設計手法に関する基礎検討
伊丹 豪鳥海陽平秋山佳春NTT
抄録 (和) モバイル端末からの漏洩電磁波を介して,画面情報や入力情報が電磁的に漏洩する脅威が存在する.防止技術の一つに電磁シールドがあるが,上記の情報を有する電磁漏洩と無線通信周波数帯が交互に近接するため,周波数分離が難しい.そこで我々は,周波数選択板(Frequency Selective Surface, FSS)を適用した電磁的情報漏洩の抑制と無線通信機能の確保を両立する周波数選択性電磁シールドを提案する.今回は,1 GHz以下の低周波帯の漏洩電磁波の選択的抑制に着目し,FSS共振器の小型化に向けて波長サイズに依存しないFSS共振器の設計手法について検討した.具体的には,H型共振器を用いて構造と周波数特性の関係を解析的に評価し,その結果,特定の条件下ではFSS共振器が,波長に関わらず集中定数的に周波数設計可能であることを確認した.また,本手法を十字リング型共振器に適用し,同一帯域に作用する共振器を従来サイズの1/3以下で設計可能なことを解析的手法で確認し,本手法の妥当性を示した. 
(英) Recently, a risk of information leakage, such as eavesdropping on display screens and typing characters of mobile devices through electromagnetic radiation from the devices, has been concerned. In this case, typical conventional electromagnetic shielding technologies, which are applied for suppressing the electromagnetic radiation, have no applicability, because that the frequencies of the electromagnetic radiation and the frequencies of wireless communications are in the same range.
This paper describes a proposal of advanced electromagnetic shield, which realizes both the suppression of the electromagnetic radiation, and the successful wireless communications, by applying electromagnetic-controllable materials on the shield, which are called as frequency selective surface (FSS). In order to suppress the electromagnetic radiation under 1 GHz, authors have studied about a design method of the FSS resonator that would not depend on a wavelength of the electromagnetic radiation, by evaluating a relationship between structure parameters and frequency characteristics of an H-shaped resonator.
As a result, authors have confirmed that it is possible to design the FSS resonator by using lumped parameters, would not be depend on the wavelength of the electromagnetic radiation under certain conditions, by electromagnetic analysis with HFSS. Additionally, authors have proved the validity of the design method, by succeeding to design a cross-shaped ring FSS with a one third size of conventional resonator, which works at the same resonant frequency.
キーワード (和) 漏洩電磁波 / 電磁シールド / 周波数選択板 / 共振器 / / / /  
(英) Electromagnetic emanation / Electromagnetic shield / Frequency selective surface / Resonator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 1, EMCJ2017-3, pp. 13-18, 2017年4月.
資料番号 EMCJ2017-3 
発行日 2017-04-07 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2017-04-14 - 2017-04-14 
開催地(和) NTT武蔵野研究開発センタ 
開催地(英) NTT Musashino R&D Center 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2017-04-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイル端末の電磁的情報漏洩抑制に向けた周波数選択性シールドの小型化設計手法に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An analytical study on the novel design method of small size frequency selective EM shield for mobile devices to prevent EM information leakage 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 漏洩電磁波 / Electromagnetic emanation  
キーワード(2)(和/英) 電磁シールド / Electromagnetic shield  
キーワード(3)(和/英) 周波数選択板 / Frequency selective surface  
キーワード(4)(和/英) 共振器 / Resonator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 豪 / Go Itami / イタミ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥海 陽平 / Yohei Toriumi / トリウミ ヨウヘイ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 佳春 / Yoshiharu Akiyama / アキヤマ ヨシハル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-14 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2017-3 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2017-04-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会