電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 15:00
道具のパーツ形状と操作ジェスチャーの共起性に基づく使い方の想起
寺西研翔島田伸敬立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 道具の形状と操作ジェスチャーの共起性に基づく, 未知の道具の形状から操作ジェスチャーを想起する手法を提案する. 道具の形状をシルエットのビットマップで記述し, その道具の操作ジェスチャーをDoc2vecによるベクトルで記述する. 道具の形状と操作ジェスチャーの組を多数用意し, Sparse NMFを行うことによって道具のパーツ形状と操作ジェスチャーの共起性の辞書を生成し, 未知の道具の形状から操作ジェスチャーを想起する. 
(英) We propose a method to estimate tool usage from the shape of unknown tool based on co-occurrence of the part shape of tool and operation. Describe the shape of the tool with a silhouette bitmap and describe the operation of the tool with a vector by Doc2vec. By preparing a large number of pairs of tool shapes and operations, by we create a dictionary of co-occurrence of the tool part shape and operation by SparseNMF, and estimation of tool usage from the shape of the unknown tool.
キーワード (和) 道具の使い方の想起 / 人と物のインタラクション / SparseNMF / Doc2vec / / / /  
(英) Estimation of tool usage / Human-Object interaction / SparseNMF / Doc2vec / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 528, PRMU2016-229, pp. 197-202, 2017年3月.
資料番号 PRMU2016-229 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 道具のパーツ形状と操作ジェスチャーの共起性に基づく使い方の想起 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of tool usage based on co-occurrence of part shape of tool and operation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 道具の使い方の想起 / Estimation of tool usage  
キーワード(2)(和/英) 人と物のインタラクション / Human-Object interaction  
キーワード(3)(和/英) SparseNMF / SparseNMF  
キーワード(4)(和/英) Doc2vec / Doc2vec  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺西 研翔 / Kensho Teranishi / テラニシ ケンショウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 伸敬 / Nobutaka Shimada / シマダ ノブタカ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2016-66,IEICE-PRMU2016-229 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.197-202 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会