電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 16:25
ウォーターシェッド法を利用した文字分割による日本語署名照合率の改善について
大橋春香増田恵子半谷精一郎東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 行動的な特徴を用いた生体認証技術の一つであるオンライン署名照合では,筆跡情報に加え,筆圧,ペン先の傾き等の時系列データを用いることができるため,DPマッチングを行うことでオフライン署名照合よりも高い照合精度を得ることができる.しかし,楷書で書かれることの多い日本語漢字署名の照合では文字毎に分割してから照合を行った場合の方が,照合精度が改善されることが確認されている.
本研究では,署名データのXY座標における出現頻度を用い,ウォーターシェッド法を用いて文字分割を試みた.その結果,被験者10名の各120回ずつの署名データに対して115署名の文字毎の分割に成功し,照合率を筆跡情報に対しては8.11%から5.83%に、筆圧情報に対して18.04%から8.29%に改善できた. 
(英) Online signature verification is one of the biometric verification techniques using behavior. It can use time-series data, so it has higher collation rate than offline signature verification. Because of Japanese Kanji signatures are often written in a script, it has been confirmed that the collation accuracy is improved that matching the signature data after dividing with characters.
In this research, I tried dividing with characters using the Water-shed method for signature data. As a result, I was able to divide 115 signatures with characters in 120 signatures of 10 persons each 12 times. And EER could be improved,8.11% to 5.83% by handwriting information and 18.04% to 8.29% by pen pressure information.
キーワード (和) オンライン署名照合 / 日本語漢字署名 / ウォーターシェッド法 / 文字分割 / / / /  
(英) Online signature verification / Japanese Kanji signature / Water-shed method / Dividing with characters / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 527, BioX2016-72, pp. 233-236, 2017年3月.
資料番号 BioX2016-72 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウォーターシェッド法を利用した文字分割による日本語署名照合率の改善について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Improvement of Signature Authentication Rate by Dividing Japanese Characters with Watersheds Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オンライン署名照合 / Online signature verification  
キーワード(2)(和/英) 日本語漢字署名 / Japanese Kanji signature  
キーワード(3)(和/英) ウォーターシェッド法 / Water-shed method  
キーワード(4)(和/英) 文字分割 / Dividing with characters  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 春香 / Haruka Ohashi / オオハシ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 恵子 / Keiko Masuda / マスダ ケイコ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半谷 精一郎 / Seiichiro Hangai / ハンガイ セイイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2016-72,IEICE-PRMU2016-235 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.233-236 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会