電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 10:00
握掌画像に基づいた個人認証システムに関する研究
井上ひかる福元伸也鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,家や建物のドアは,一般的に物理的な鍵を用いる.また,入室管理として,暗証番号の入力を用いるシステムが存在する.しかし,その行為自体,ドアの開閉とは無関係で,余分な行為となる.そこで,本論文では,ドアノブをスマート化し,物理的な鍵の代替として,人間が行う自然な行為=ドアノブへの把持行為の中で,開錠が可能となる握掌画像に基づいた個人認証システムを開発した.本研究では,握掌画像というドアノブへの把持行為により見える掌紋・指のしわの画像を用い,個人識別を行っていく.認証には,指SIFT,掌SIFT,指特徴線,掌特徴線の4特徴を用い,28の握掌画像で実験を行った.4特徴の積を用いた識別方法でEER=4.52%という結果になり,握掌画像による個人識別の可能性を確かめた. 
(英) Currently, doors of houses and buildings generally use physical keys.In addition, there is a system that uses input of a personal identification number as entry control.However, the act itself, irrespective of the opening and closing of the door, is an extra act.In this paper, we propose a personal authentication system based on the palm pattern of a hand image that makes it possible to unlock the doorknob smart and substitute for the physical key, in the act of grasping to the door knob which is a natural act performed.In this research, personal identification is performed by using palm prints and wrinkle images of fingers as seen by grasping action on a door knob as a palm pattern of the hand image.For the authentication, we performed experiments with 28 hand-held images using four features of finger SIFT, palm SIFT, finger feature line, palm feature line.The result of the identification method using the product of 4 features was EER = 4.52%, confirming the possibility of personal identification by the palm pattern of the hand image.
キーワード (和) バイオメトリクス / 掌紋 / 個人識別 / ドアノブ / / / /  
(英) biometrics / palmprint / individual identification / door knob / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 527, BioX2016-59, pp. 155-160, 2017年3月.
資料番号 BioX2016-59 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 握掌画像に基づいた個人認証システムに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on individual authentication system based on the palm pattern of the hand image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイオメトリクス / biometrics  
キーワード(2)(和/英) 掌紋 / palmprint  
キーワード(3)(和/英) 個人識別 / individual identification  
キーワード(4)(和/英) ドアノブ / door knob  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 ひかる / Hikaru Inoue / イノウエ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima City University (略称: Kagoshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 伸也 / Fukumoto Shinya / フクモト シンヤ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima City University (略称: Kagoshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿嶋 雅之 / Kashima Masayuki / カシマ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima City University (略称: Kagoshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 公則 / Sato Kiminori / サトウ キミノリ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima City University (略称: Kagoshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 睦 / Watanabe Mutsumi /
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima City University (略称: Kagoshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2016-59,IEICE-PRMU2016-222 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会