電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 16:50
信号データに対するデータ拡張について
江口 脩田中 勝藤木 淳福岡大)・栗田多喜夫広島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 機械学習において,限られたデータを用いて効率よく学習することはビッグデータの時代となった現在においても重要である.画像識別の場合は,元のサンプルに基づき平行移動や鏡面反転,色付けなどのデータ拡張を行いバリエーションを増やしてデータ数を増やす.本研究では,楽器音データに対するデータ拡張を行う.具体的には,楽器音を再生時間と標本周波数でグラフ化した画像に変換し,その画像に色付けを行うことにより,データ拡張を行う.色付けにより,単純に本来の信号データよりも3chに拡張された分だけ多くの情報を得ることができる.そして,この拡張されたデータを入力データとして深層学習のツールであるChainerで実装されたGoogLeNetを用いて学習を行う.このシステムで,フルート,オーボエ,ファゴットの3種類の楽器で作成した楽器音から演奏楽器を認識する学習を行うことにより,信号処理に対しても画像識別と同様なデータ拡張が可能であることを確認した. 
(英) Efficient learning using limited data in machine learning is also important now even in the era of big data. In the case of image identification, data expansion such as parallel movement, specular inversion, coloring or the like is performed based on the original sample to increase variations and increase the number of data. In this research, we extend data to musical instrument sound data. Specifically, the instrument sound is converted into an image graphically represented by the reproduction time and the sample frequency, and the data is expanded by coloring the image. By coloring, it is possible to obtain as much information as simply being expanded to 3 ch than the original signal data. Then, learning is performed using GoogLeNet implemented by Chainer which is a deep learning tool using this extended data as input data. With this system, learning to recognize a musical instrument from instrumental sounds created with three kinds of instruments such as flute, oboe and fagott, it is possible to expand data similar to image identification even for signal processing confirmed.
キーワード (和) 楽器音 / 和音 / 信号処理 / 画像識別 / Chainer / データ拡張 / /  
(英) instrument sound / musical chord / signal processing / image recognition / chainer / ata extension / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 528, PRMU2016-236, pp. 237-242, 2017年3月.
資料番号 PRMU2016-236 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信号データに対するデータ拡張について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Data Extension For Signal Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 楽器音 / instrument sound  
キーワード(2)(和/英) 和音 / musical chord  
キーワード(3)(和/英) 信号処理 / signal processing  
キーワード(4)(和/英) 画像識別 / image recognition  
キーワード(5)(和/英) Chainer / chainer  
キーワード(6)(和/英) データ拡張 / ata extension  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江口 脩 / Shu Eguchi / エグチ シュウ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 勝 / Masaru Tanaka / タナカ マサル
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤木 淳 / Jun Fujiki / フジキ ジュン
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 多喜夫 / Takio Kurita / クリタ タキオ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2016-73,IEICE-PRMU2016-236 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会