電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 16:50
[ショートペーパー]ウェアラブルセンサを用いた調理中の注意機能評価の検討
大井 翔佐野睦夫阪工大)・田渕 肇梅田 聡斉藤文恵堀込俊郎慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 注意機能は,(i) 持続的(集中)注意,(ii) 選択的注意,(iii) 制御(転換)的注意,(iv) 配分的注意,(v) 注意の容量に分類される.このような注意機能を評価するためには,D-CATやTMTなどの評価方法があるが,静的なテスト形式をとっており,日常行動の変化から,リアルタイムに注意機能を動的に評価することはできない.本研究では,生活行動の中で最も動作種別が多く,並行動作が起こり得る調理行動に着目し,生活中における注意機能の評価を行う方式の提案を行う.具体的には,視覚的注意モデルに基づく1人称視点カメラによる評価と,状態遷移モデルに基づく環境カメラによる評価を統合し,維持・選択的注意・配分的注意をリアルタイムに評価できるアルゴリズムの検討を行う. 
(英) An attention function has five basic functions: 1) sustained attention; 2) selective attention; 3) alternating attention; 4) divided attention; 5) attention of capacity. Conventional methods such as D-CAT and TMT are used for evaluating basic attention functions. However, these methods based on a static test format can not evaluate attention functions from activities of daily living(ADLs) dynamically in real time. This paper focuses on cooking behaviors which have a various and parallel kinds of ADLs and proposes an evaluation method for attention functions to ADLs. The proposed method integrates an evaluation based on a visual attention model using egocentric vision camera with one based on a state transition model using environmental cameras. This paper studies whether it is possible to evaluate sustained /selective /divided attentions of ADLs in real time.
キーワード (和) 1人称視点 / 調理行動 / 注意機能 / 日常行動理解 / / / /  
(英) Egocentric Vision / Cooking Behavior / Attention Assessment / Understanding during Daily Living Behavior / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 528, PRMU2016-239, pp. 255-258, 2017年3月.
資料番号 PRMU2016-239 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェアラブルセンサを用いた調理中の注意機能評価の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Attention Function Evaluation for Cooking based on Wearable Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 1人称視点 / Egocentric Vision  
キーワード(2)(和/英) 調理行動 / Cooking Behavior  
キーワード(3)(和/英) 注意機能 / Attention Assessment  
キーワード(4)(和/英) 日常行動理解 / Understanding during Daily Living Behavior  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 翔 / Sho Oi / オオイ ショウ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 睦夫 / Mutsuo Sano / サノ ムツオ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田渕 肇 / Hajime Tabuchi / タブチ ハジメ
第3著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅田 聡 / Satoshi Umeda / ウメダ サトシ
第4著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 文恵 / Fumie Saito / サイトウ フミエ
第5著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀込 俊郎 / Toshiro Horigome / ホリゴメ トシロウ
第6著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 16:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2016-76,IEICE-PRMU2016-239 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.255-258 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会