電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 10:25
握りこぶしの全周囲画像を用いた個人認証に関する研究
渡邊太一福元伸也鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) バイオメトリクス個人認証が注目され,指紋認証や虹彩認証といった身体的特徴による認証方法が使用されているが,これらの個人認証には偽造の問題がある.そこで本研究では,指の太さや握りこぶしの大きさなどの身体的特徴だけではなく握りの癖といった行動的特徴が現れる握りこぶしを新たなモダリティと考えた.本研究では,握りこぶしの全周囲画像を収集するために構築した撮影システムと認証方法,認証結果について述べる.認証にはAKAZE特徴点,画像から画素値の和を算出したプロフィール,特徴線の3つの認証方法を用いている.この3つの認証方法から最良の組み合わせを使って統合認証したとき,EER=8.6%という結果が得られた. 
(英) Recently, the biometrics individual certification attracts attention.
In this study, we propose an authentication system by focusing omnidirectional fist image.
Thickness of the finger and size of the knob fist as a physical feature and the habit of knob as a behavioral feature are used for new personal authentication modality.
First, we constructed the acquisition system of omnidirectional fist image,
Finally, we discribed the authentication method and the experimental result by using ominidirectional fist image.
キーワード (和) 握りこぶし / バイオメトリクス個人認証 / 個人識別 / モダリティ / / / /  
(英) fist / biometrics / individual identification / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 527, BioX2016-60, pp. 161-166, 2017年3月.
資料番号 BioX2016-60 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 握りこぶしの全周囲画像を用いた個人認証に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Personal Authentication Using Omnidirectional Fist Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 握りこぶし / fist  
キーワード(2)(和/英) バイオメトリクス個人認証 / biometrics  
キーワード(3)(和/英) 個人識別 / individual identification  
キーワード(4)(和/英) モダリティ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 太一 / Taichi Watanabe / ワタナベ タイチ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 伸也 / Shinya Fukumoto / フクモト シンヤ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿嶋 雅之 / Kashima Masayuki / カシマ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 公則 / Kiminori Sato / サトウ キミノリ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 睦 / Mutsumi Watanabe / ワタナベ ムツミ
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2016-60,IEICE-PRMU2016-223 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会