電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 13:00
MRI検査における音環境の改善に向けた骨伝導通話システム
高橋康次郎武藤憲司芝浦工大)・八木一夫首都大東京SSS2016-31
抄録 (和) MRI装置は人体の断層画像を得る医療診断装置であり,駆動音が100dB以上になる場合がある.騒音下で医師と被験者が通話するために骨伝導マイクロホンと骨伝導スピーカを用いた通話システムが提案されている.しかし,骨伝導スピーカによる音響エコーや駆動音による人体振動が骨伝導マイクロホンに混入し,通話品質が劣化する.骨伝導マイクロホンの通話品質改善のために,我々は振動の伝搬速度を考慮した音響エコーキャンセラというアクティブコントロールと骨伝導マイクロホンのカバーによる遮蔽というパッシブコントロールを組み合わせる方法を提案した.本報告は,提案方法により骨伝導マイクロホンの通話品質が改善することを示した. 
(英) Magnetic resonance imaging(MRI) device makes tomography for medical diagnosis. It generates a loud driving sound. A communication system using a bone conduction microphone and the speaker was proposed by us. The communication quality decreases because of two kinds of noise. One is acoustic echo by bone conduction speaker, and the other is vibration by MRI driving sound. We propose a quality improvement technique that an acoustic echo canceller considering fast velocity of vibration propagation and a shielding of the microphone. This paper showed that the communication quality of the bone conduction microphone improves by the proposal technique.
キーワード (和) MRI装置 / 駆動音 / 骨伝導通話 / 音響エコーキャンセラ / 騒音制御 / / /  
(英) MRI device / Driving sound / Bone conduction communication / Acoustic echo canceller / Noise control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 530, SSS2016-31, pp. 1-4, 2017年3月.
資料番号 SSS2016-31 
発行日 2017-03-14 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2016-31

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2017-03-21 - 2017-03-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 安全性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2017-03-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MRI検査における音環境の改善に向けた骨伝導通話システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A communication system of bone conduction devices for improvement of acoustical environment in MRI examination 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MRI装置 / MRI device  
キーワード(2)(和/英) 駆動音 / Driving sound  
キーワード(3)(和/英) 骨伝導通話 / Bone conduction communication  
キーワード(4)(和/英) 音響エコーキャンセラ / Acoustic echo canceller  
キーワード(5)(和/英) 騒音制御 / Noise control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 康次郎 / Kojiro Takahashi / タカハシ コウジロウ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 憲司 / Kenji Muto / ムトウ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 一夫 / Kazuo Yagi / ヤギ カズオ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-21 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2016-31 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.530 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2017-03-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会