電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-20 10:50
3次元歩行動線のクラスタリング結果を利用した徘徊検出
宮城優里お茶の水女子大)・大西正輝産総研)・伊藤貴之お茶の水女子大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高齢化に伴い認知症患者の徘徊行動が増加し問題となっている.徘徊行動は死亡事故につながる危険性があるため事前防止や早期発見が重要だが,介護施設の職員や家族による監視は負担が大きく困難である. 本報告では,3次元歩行軌跡にクラスタリングを適用した結果を用いて,与えられた軌跡群から徘徊行動にあたる軌跡を検出する手法を提案する.さらに介護施設の入り口で取得した歩行者の移動軌跡を用いた実験により有効性を評価する. 
(英) We have to deal with loitering of dementia patients since the aging of Japan's population is advancing. Prevention of loitering is important to keep patients safe, however observation is hard work for stuff in rest home or families of patients. This paper presents a technique to detect loitering from 3D trajectories of walkers using results of clustering. Furthermore, we evaluated the technique using results of experiments using trajectories of walkers recorded at an entrance of rest home.
キーワード (和) 徘徊 / 歩行者 / 動線 / / / / /  
(英) Loitering / Walker / Trajectory / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 528, PRMU2016-202, pp. 35-40, 2017年3月.
資料番号 PRMU2016-202 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元歩行動線のクラスタリング結果を利用した徘徊検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Loitering Detection using 3D Trajectory Clustering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 徘徊 / Loitering  
キーワード(2)(和/英) 歩行者 / Walker  
キーワード(3)(和/英) 動線 / Trajectory  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 優里 / Yuri Miyagi / ミヤギ ユリ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 正輝 / Masaki Onishi / オオニシ マサキ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 貴之 / Takayuki Itoh /
第3著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-20 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2016-39,IEICE-PRMU2016-202 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会