電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-20 17:10
ジャンク画像を考慮したマルチモーダルトピックモデルによる概念間距離の算出
長澤優佑中村和晃新田直子馬場口 登阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,タグ付き画像を用いて概念間の意味的な距離を算出する手法を提案する.一般に,タグ付き画像の視覚特徴とテキストタグには相関があり,両者を独立に扱うことは適切ではないが,中には視覚特徴とタグの意味内容が必ずしも関連していない「ジャンク画像」も存在する.提案手法では,各概念に関する視覚特徴の分布とテキストタグの分布をマルチモーダルトピックモデル(MMTモデル) により統一的にモデル化するとともに,特徴分布モデルの学習と各画像の信頼度(視覚特徴とタグの内容がどの程度関連しているか)の推定を反復的に実行することにより,ジャンク画像の影響を抑えた概念間距離の算出を実現する.この結果,提案したMMTモデルによる概念間距離が,人間の感覚に対して高い親和性を示した.また,ジャンク画像の影響を抑えた距離の反復計算を行うことで,その親和性がより高くなることが確認された. 
(英) In this paper, we propose a method to calculate Inter-Concept Distance (ICD) using tagged images. In most cases, visual content of tagged images are correlated with their text tags, so it is not an appropriate strategy to handle visual features and textual features separately. However, there are some “junk images”, whose visual content and text tags are not related with each other. From these backgrounds, the proposed method jointly models the distributions of visual features and textual features for each concept by Multi-Modal Topic model (abbreviated as MMT model). In addition, to suppress the influence of junk images, the proposed method introduces the index named “image reliability”, which quantifies how likely the image is non-junk image, and iteratively performs the following two steps: (a) learning a MMT model for each concept based on the image reliability and (b) estimating
the image reliability of each image based on the learned MMT models. In our experiments, the proposed MMT model can provide ICD closer to human perception than some other methods. Moreover, it is also indicated that
the performance can be further improved by proposed iterative calculation of ICD and image reliability.
キーワード (和) 概念間距離 / トピックモデル / ジャンク画像 / タグ付き画像 / / / /  
(英) Inter-Concept Distance / topic model / junk image / tagged image / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 528, PRMU2016-213, pp. 105-110, 2017年3月.
資料番号 PRMU2016-213 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ジャンク画像を考慮したマルチモーダルトピックモデルによる概念間距離の算出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Calculation of Inter-Concept Distance based on Multi-Modal Topic Model Considering Junk Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 概念間距離 / Inter-Concept Distance  
キーワード(2)(和/英) トピックモデル / topic model  
キーワード(3)(和/英) ジャンク画像 / junk image  
キーワード(4)(和/英) タグ付き画像 / tagged image  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長澤 優佑 / Yusuke Nagasawa / ナガサワ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 和晃 / Kazuaki Nakamura / ナカムラ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 直子 / Naoko Nitta / ニッタ ナオコ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場口 登 / Noboru Babaguchi / ババグチ ノボル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-20 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2016-50,IEICE-PRMU2016-213 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-03-13,IEICE-PRMU-2017-03-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会