お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-17 14:25
車載ミリ波レーダを用いた合成開口レーダイメージングの実験的検討
小林佑輔美濃谷 潤山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テンAP2016-197
抄録 (和) 近年,先進安全運転技術のような自動運転技術が盛んに研究されている.濃霧,豪雨や豪雪などの悪天候でも安全運転を実現できるため,車載ミリ波レーダは特に注目されている.ミリ波を用いた2次元イメージングにより,視界不良時でも標識やガードレールなどのランドマークを識別できるので,自動車の自己位置推定精度を容易に改善できる.高分解能ミリ波イメージングを実現する簡単な方法は,大開口アンテナを使用することである.しかしアンテナサイズやコスト等の制約により,自動車に搭載するのは難しい.そこで,高分解能な側方監視レーダ技術である合成開口レーダ(SAR)の適用を提案する.これは自動車の移動により,仮想的な大開口アンテナを形成する技術である.本稿では,車載ミリ波SARの実行可能性について示す.また,テストコースでの実験結果より,特徴的なターゲットの位置推定が可能なことを示す. 
(英) In recent years, automatic driving technologies of vehicles as well as advanced safety driving technology have been widely studied.Especially, the MW automotive radar has been attracting attentions in order to realize safety driving even in the bad weather condition. In such a condition, accuracy of the self-position estimation will be improved easily by the 2-D imaging using the MW radar to identify landmarks like traffic signs and guardrail. To realize the high resolution imaging systems with the MW radar, a large aperture antenna would be the easiest way. However, it is often difficult because of the size and cost. Therefore, we propose to adopt the SAR technique to realize the high-resolution side-looking imaging radar. In this technique the large antenna aperture can be obtained virtually by using the movement of the vehicle. In this paper, we provide the feasibility study of the automobile MW SAR for surrounding objects detection. Furthermore, preliminary experimental results of the automobile MW SAR are shown to demonstrate the performance of the proposed radar concept.
キーワード (和) 合成開口レーダ / 車載ミリ波レーダ / ADAS / 自動運転技術 / / / /  
(英) Synthetic aperture radar / Automotive millimeter wave radar / ADAS / Automatic safety driving technology / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 526, AP2016-197, pp. 109-114, 2017年3月.
資料番号 AP2016-197 
発行日 2017-03-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2016-197

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-03-16 - 2017-03-17 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-03-AP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 車載ミリ波レーダを用いた合成開口レーダイメージングの実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study on Synthetic Aperture Radar Imaging for Millimeter Wave Automotive Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 合成開口レーダ / Synthetic aperture radar  
キーワード(2)(和/英) 車載ミリ波レーダ / Automotive millimeter wave radar  
キーワード(3)(和/英) ADAS / ADAS  
キーワード(4)(和/英) 自動運転技術 / Automatic safety driving technology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 佑輔 / Yusuke Kobayashi / コバヤシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 美濃谷 潤 / Jun Minotani / ミノタニ ジュン
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 裕一 / Yuuichi Sugiyama / スギヤマ ユウイチ
第5著者 所属(和/英) 富士通テン株式会社 (略称: 富士通テン)
Fujitsu TEN Limited (略称: Fujitsu TEN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-17 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-197 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.526 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会