電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-17 10:30
サービスのオーダーメイド設計のためのアスペクト指向によるアプローチ
小川 佑Muhammad Syafiq Bin Ab Malek山口真悟山口大
抄録 (和) サービスへの要求やニーズが多様化している.本稿では,サービスを一般的な要求と利用者ごとのニーズに分離して設計する方法を提案する.本稿では制約として時間に着目する.サービスの一般的な要求を,アスペクト指向時間ペトリネットでモデル化し,利用者ごとのニーズをアスペクトとしてとらえ,それらのウィービング(weaving)でサービスを表現する.これにより利用者ごとのニーズを分離して,一般的な要求を見直し,設計することを促す.提案法を公園利用サービスの設計に適用し,その有用性を確かめた. 
(英) Nowadays, the needs and requests for services have become diversified. In this research,we proposed a method of separating and designing general requirements and user-specific needs.We focus on time as a constraint in this paper. We model the general requirements of the services with aspect-oriented timed Petri nets. Then we consider the needs of each user as aspect and express the services by weaving them. As a result, user-specific needs are separated. This encourages designers to review and design the general requirements. We applied the proposed method to the service design of a park and confirmed its usefulness.
キーワード (和) サービス / 設計 / アスペクト指向 / ペトリネット / ワークフロー / / /  
(英) service / design / aspect-oriented / Petri net / workflow / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 525, MSS2016-94, pp. 73-76, 2017年3月.
資料番号 MSS2016-94 
発行日 2017-03-09 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS  
開催期間 2017-03-16 - 2017-03-17 
開催地(和) 島根大学総合理工学部1号館情報棟1階情報科学講義室 
開催地(英) Shimane Univ. 
テーマ(和) 離散事象システム及び一般、Work In Progress 計測と自動制御学会・離散事象システム部会と併催 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2017-03-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービスのオーダーメイド設計のためのアスペクト指向によるアプローチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Aspect-Oriented Approach to Tailor-Made Service Design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス / service  
キーワード(2)(和/英) 設計 / design  
キーワード(3)(和/英) アスペクト指向 / aspect-oriented  
キーワード(4)(和/英) ペトリネット / Petri net  
キーワード(5)(和/英) ワークフロー / workflow  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 佑 / Taku Ogawa / オガワ タク
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Muhammad Syafiq Bin Ab Malek / Muhammad Syafiq Bin Ab Malek /
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 真悟 / Shingo Yamaguchi / ヤマグチ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-17 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2016-94 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.525 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MSS-2017-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会