電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-16 10:50
個人間の運動調整に関する加速度センサを用いた検討
市川 淳三輪和久名大)・寺井 仁近畿大
抄録 (和) 本研究では,周期的な運動が要求されるジャグリングを用いて,個人間の協調を行う課題(2人カスケード)の達成過程において,単独で同様の課題(単独カスケード)を行う場合と比較して,運動の周期性や同期性にどのような特徴が現れるかを実験的に検討した.実験の結果,単独カスケードにおいて,参加者の間で,運動の周期性を示す自己相関係数や同期性を示す相互相関係数に差異はなかったが,2人カスケードにおいて,参加者の間で,自己相関係数に差異があることを確認した.そのような特徴が現れる理由として,周期性の高かったジャグラーが主導して,2人カスケードの運動を確立しようとしたという仮説と,周期性の高かったジャグラーが,他者の運動を踏まえずにエゴイスティックに,自身の運動の周期性を維持しようとしたという仮設,以上の2つの仮説が可能性として考えられる. 
(英) The present study investigated the process of improvement of performance in duo juggling. We analyzed the periodicity of arm swing in solo and duo juggling by using the autocorrelation coefficients in the time series of composite accelerations from each hand. We also analyzed the synchronization of arm swing in solo and duo juggling by using the cross-correlation coefficients between the time series of composite accelerations of the right- and left-hand. The results showed that in solo juggling, there were no differences of the autocorrelation and cross-correlation coefficients between the jugglers. However, the results also indicated that in duo juggling, the autocorrelation coefficient of one juggler was significantly lower than that of another paired juggler. Those findings suggested two hypotheses. The first presented the possibility that one juggler who had higher periodicity of arm swing actively established the arm swing of duo juggling as a leader. The second presented the possibility that he did not adapt another paired juggler and tried to sustain his own periodicity of arm swing with his egoistic attitude.
キーワード (和) 個人間の協調 / 運動の調整 / 加速度センサ / / / / /  
(英) Interpersonal Coordination / Adaptation / Acceleration Sensor / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 524, HCS2016-108, pp. 101-105, 2017年3月.
資料番号 HCS2016-108 
発行日 2017-03-08 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2017-03-15 - 2017-03-16 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個人間の運動調整に関する加速度センサを用いた検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of the Interpersonal Coordination between Paired Jugglers by Acceleration Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人間の協調 / Interpersonal Coordination  
キーワード(2)(和/英) 運動の調整 / Adaptation  
キーワード(3)(和/英) 加速度センサ / Acceleration Sensor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 淳 / Jun Ichikawa / イチカワ ジュン
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三輪 和久 / Kazuhisa Miwa / ミワ カズヒサ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 仁 / Hitoshi Terai / テライ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-16 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2016-108 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.101-105 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2017-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会