電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-16 10:30
地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)によるインフラモニタリングに関する基礎実験
佐藤源之鄒 立 龍ジョバンニ ニコ東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)の特長を活かした計測王用例を紹介する.17GHz帯のGB-SAR装置を利用し,干渉SAR処理により精度0.2mmの変位を数百m四方の範囲で計測が可能である.東北大学の研究グループは宮城県栗原市の大規模崩落現場のモニタリングを6年間継続し,の地表面変位を24時間連続で捉えることで地滑りの早期警戒情報を地域住民に提供するシステムの社会実装を行っている.熊本県南阿蘇村でも2017年1月より地滑りモニタリングを開始した.同じ装置を利用し,空港の舗装体表面の変位を計測している.一方実開口レーダを利用した鉄道橋梁の実時間振動計測も行え,構造物の振動の面的な計測が可能なことを示した.このようにGB-SARは防災,社会インフラモニタリングなどの分野での応用範囲は広い. 
(英) In this report we demonstrate examples Ground Based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR) to practical applications, which include landslide monitoring and infrastructure monitoring. A GB-SAR system which operate at 17GHz can measure the deformation of the ground surface at the precision of 0.2mmm and can acquire the data in 400m x 400 m area at once. The research group at Tohoku University has deployed a GB-SAR system at Kurihara, Miyagi Japan for land slide monitoring for more than 6 years and demonstrated the implementation to early warning system to local inhabitants. We started the measurement of landslide at Minami-Aso in January 2017. We are also deploying the GB-SAR for pavement surface monitoring in air ports. The radar unit of GB-SAR system can be used as a real aperture radar, and can acquire at high PRF, and we can use it for vibration monitoring of infrastructure. We successfully used it for bridge vibration monitoring.
キーワード (和) 地表設置型合成開口レーダ / GB-SAR / 干渉SAR / 振動計測 / 地滑り / 防災 / インフラモニタリング / 空港  
(英) Ground Based Synthetic Aperture Radar / GB-SAR / Interferometric SAR / Vibration monitoring / Landslide / Natural disaster mitigation / Infrastructure monitoring / Airport  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 526, AP2016-179, pp. 11-16, 2017年3月.
資料番号 AP2016-179 
発行日 2017-03-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-03-16 - 2017-03-17 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)によるインフラモニタリングに関する基礎実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Monitoring of Infrastructure by GB-SAR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地表設置型合成開口レーダ / Ground Based Synthetic Aperture Radar  
キーワード(2)(和/英) GB-SAR / GB-SAR  
キーワード(3)(和/英) 干渉SAR / Interferometric SAR  
キーワード(4)(和/英) 振動計測 / Vibration monitoring  
キーワード(5)(和/英) 地滑り / Landslide  
キーワード(6)(和/英) 防災 / Natural disaster mitigation  
キーワード(7)(和/英) インフラモニタリング / Infrastructure monitoring  
キーワード(8)(和/英) 空港 / Airport  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 源之 / Motoyuki Sato / サトウ モトユキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄒 立 龍 / Lilong Zou / ゾウ リーロン
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ジョバンニ ニコ / Giovanni NIco / ジョバンニ ニコ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-16 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-179 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.526 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会