電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-16 14:20
センシングされた家族の活動状況をつぶやき繋がりを生み出すエージェントの提案と評価
久保田進也福島俊太郎武川直樹大島直樹東京電機大
抄録 (和) 離れて暮らす家族は互いに相手の生活や健康について不安を感じつつも,相手への遠慮の気持ちや生活リズムの違い,共通の話題がないといった問題から親密なコミュニケーションが満足に取れていない.本研究では,家庭内に設置したセンサ情報に基づき,エージェントが家族のグループトーク上で「うちのご主人が何かしているみたい(A宅エージェント)」「なにしてるのかな(B宅エージェント)」と家族の活動状況をつぶやき,「テレビ見てる(A宅ユーザ)」のような会話を引き出し,家族の繋がりやコミュニケーションを生み出すエージェントシステムを構築した.実験の結果,エージェントのつぶやきからコミュニケーションが生み出された事例を確認した. 
(英) Many family members who live apart are concerned about each other's everyday lives and health. Intimate communication between them however, can-not be satisfactorily taken because of life rhythm difference, lacks of common topics and hesitations of interventions. In this research, based on the sensor information installed in family homes, we propose chat-agent tweeting users’ family activity situations on smartphone displays: "My master seems to be doing something (A family’s agent A)", "What is she doing? (B family’s agent B)" and their tweets trigger conversations between families such like "I’m Watching TV (A family member) ". We constructed an agent system and performed a user study. Its experiments show that communication between mother and son of a family was activated and triggered by agent's tweets.
キーワード (和) 遠隔コミュニケーション / コミュニケーション仲介 / チャットエージェント / センシング / 家族支援 / / /  
(英) remote communication / communication mediation / chat agent / sensing / support of family communication / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 524, HCS2016-114, pp. 137-142, 2017年3月.
資料番号 HCS2016-114 
発行日 2017-03-08 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2017-03-15 - 2017-03-16 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センシングされた家族の活動状況をつぶやき繋がりを生み出すエージェントの提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Chat agents that activate communications between family members living apart by tweeting their sensed activities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔コミュニケーション / remote communication  
キーワード(2)(和/英) コミュニケーション仲介 / communication mediation  
キーワード(3)(和/英) チャットエージェント / chat agent  
キーワード(4)(和/英) センシング / sensing  
キーワード(5)(和/英) 家族支援 / support of family communication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 進也 / Shinya Kubota / クボタ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 俊太郎 / Shuntaro Fukushima / フクシマ シュンタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武川 直樹 / Naoki Mukawa / ムカワ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 直樹 / Naoki Ohshima / オオシマ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-16 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2016-114 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会