電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-16 16:10
「あいだ」と「わたし」 ~ 暮らしにおける共創の場を描き出す ~
桑山菊夏諏訪正樹慶大HCS2016-118
抄録 (和) 「誰か」との「あいだ」が、「わたし」をつくり出す。生活の中で何かを言葉にしようとすることは、「あいだ」をつくり出すことである。本稿では、「あいだ」をつくり出す体験について記述し、紐解くことを目指す。第一著者は、日常で出会う出来事について言葉にすることを行い、その行為についてメタファーや図を用いて表現することを試みた。言葉にすることは、自らを見つめるための「対話」であり、「うつしあい」とも言える。暮らしの中でさまざまな「あいだ」をつくり出すことは、共創の場を自覚することに結びつく。 
(英) We encounter with others and feel “Watashi”(have the sense of oneself). As we put an occasion in words, we recognize our circumstances and ourselves with interaction between and create new values. We call it the experience of "Aida". The purpose of this paper is to give a description of the experience of "Aida". The first author tries to describe various situations in the daily life and interpret the experiences of description, using some figurative expressions. We can understand the experience of “Aida” as a dialogue to know oneself and things around. In other words, description feels like the return of something that is including a kind of warmth. The attitude of describing everyday scenes when we can do leads to the awareness of co-creation.
キーワード (和) 自己 / 生活 / 記述 / 解釈 / 共創 / / /  
(英) the self / life / description / interpretation / co-creation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 524, HCS2016-118, pp. 161-166, 2017年3月.
資料番号 HCS2016-118 
発行日 2017-03-08 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2016-118

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2017-03-15 - 2017-03-16 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 「あいだ」と「わたし」 
サブタイトル(和) 暮らしにおける共創の場を描き出す 
タイトル(英) Considering "Aida" and "Watashi" 
サブタイトル(英) Portraying Everyday Life as a Co-creating Ground 
キーワード(1)(和/英) 自己 / the self  
キーワード(2)(和/英) 生活 / life  
キーワード(3)(和/英) 記述 / description  
キーワード(4)(和/英) 解釈 / interpretation  
キーワード(5)(和/英) 共創 / co-creation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑山 菊夏 / Kikuna Kuwayama / クワヤマ キクナ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 諏訪 正樹 / Masaki Suwa / スワ マサキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-16 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2016-118 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会