お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-16 13:50
Sパラメータ法によるダイポールアンテナの相互インピーダンス測定
笹森崇行金井健人戸花照雄礒田陽次秋田県立大AP2016-184
抄録 (和) ダイポールアンテナやループアンテナといった平衡給電アンテナの入力インピーダンスを測定する方法としてSパラメータ法が提案されている.この測定法は平衡給電アンテナのSパラメータをベクトルネットワークアナライザで測定し,計算によって入力インピーダンスの値を求める方法である.これまでの研究において,測定周波数が高くなるにつれて生じる測定用ジグの影響を取り除くためにジグの伝送線路の開放端インピーダンスを用いる改良型開放端補正を提案しており,従来の開放端補正よりも測定精度が向上することを示している.本報告ではSパラメータ法の相互インピーダンス測定への適用性を明らかにすることを目的として,平行に置いた2つのダイポールアンテナ間の距離を変更しながら相互インピーダンスを測定し,Kingによる計算値とFDTD法を用いた計算値との比較を行う.その結果,ダイポールアンテナ同士を正面においた場合から放射素子の軸方向へ約半波長ずらした場合までの範囲において,測定結果は計算値と良く一致することを示した. 
(英) Recently, the S-parameter method using a vector network analyzer and a measurement jig instead of a balun was proposed whereby the differential input impedance of a balanced fed antenna was obtained. Because the balun or hybrid circuit is not used for the S-parameter method, it is possible to measure impedance over a wide bandwidth. In this report, mutual impedance of two dipole antennas aligned parallel is measured by the S-parameter method while changing the distance between the antennas. The measured value is compared with a calculated value by King and the calculated value using the FDTD method, and examination of the result of a measurement is carried out. As a result, it is shown that the measured value reasonably agrees with the calculated values by King and FDTD method, when offset of antenna position is less than about half wavelength.
キーワード (和) Sパラメータ法 / 相互インピーダンス / ダイポールアンテナ / / / / /  
(英) S-parameter method / mutual impedance / dipole antenna / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 526, AP2016-184, pp. 37-41, 2017年3月.
資料番号 AP2016-184 
発行日 2017-03-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2016-184

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-03-16 - 2017-03-17 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Sパラメータ法によるダイポールアンテナの相互インピーダンス測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of Mutual Impedance of Dipole Antenna by the S-Parameter Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Sパラメータ法 / S-parameter method  
キーワード(2)(和/英) 相互インピーダンス / mutual impedance  
キーワード(3)(和/英) ダイポールアンテナ / dipole antenna  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 崇行 / Takayuki Sasamori / ササモリ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 健人 / Kento Kanai / カナイ ケント
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸花 照雄 / Teruo Tobana / トバナ テルオ
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 礒田 陽次 / Yoji Isota / イソタ ヨウジ
第4著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-16 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-184 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.526 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2017-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会