お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-16 16:15
3素子アレーを有する無線ビーコンのRSSIを用いた位置推定
田澤遼太本間尚樹岩手大)・三浦 淳南澤博仁イーアールアイAP2016-189
抄録 (和) 本報告では,無線ビーコンから発せられる信号のRSSI (Received Signal Strength Indicator)のみを用いた屋内環境における位置推定技術について検討する.提案法では,3素子アレーアンテナを用い,送信信号のRSSIからDOD (Direction-of-Departure)を計算し,複数のDOD情報を用いて受信端末自らの位置を推定する.3 素子アンテナに無線ビーコンからの信号を,180 度ハイブリッドおよび90 度ハイブリッドを経由し給電することで,4つのビーコン信号は互いに異なる指向性で送信される.これらの送信信号の信号強度のみから伝搬チャネルの相関行列を推定し,推定した相関行列を用いてDODを推定する.位置推定法はDOD情報に一定の確率分布を適用することにより,端末の存在確率が最大となる位置を探索する.実験結果より,RSSIのみを用いた従来法による位置推定精度と比較し,提案法により推定精度が向上することを確認した. 
(英) In this report, we investigate the indoor localization method using only RSSI (Received Signal Strength Indicator) of signals transmitted from wireless beacons. The proposed method calculates DOD (Direction-of-Departure) using RSSI of the signals transmitted from 3 element array antenna, and estimates the position of the receiving terminal by using multiple DOD information.
Four beacon signals are transmitted with different directivity by feeding signals from wireless beacons to 3 element array antenna via 180-degree hybrids and 90-degree hybrids.
The correlation matrix of the propagation channels is estimated only from strength of the transmission signals, and the DOD is estimated by using the estimated correlation matrix.
In this study, the position is searched where the existence probability of the terminal becomes maximum, by applying the probability distribution to the DOD information.
The experimenatal results showed that the proposed method offers better location accuracy than the conventional method does.
キーワード (和) RSSI / 無線ビーコン / DOD / 位置推定 / / / /  
(英) RSSI / wireless beacon / DOD / localization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 526, AP2016-189, pp. 63-68, 2017年3月.
資料番号 AP2016-189 
発行日 2017-03-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2016-189

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-03-16 - 2017-03-17 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3素子アレーを有する無線ビーコンのRSSIを用いた位置推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) RSSI-Based Localization Using Wireless Beacon with Three-Element Array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(2)(和/英) 無線ビーコン / wireless beacon  
キーワード(3)(和/英) DOD / DOD  
キーワード(4)(和/英) 位置推定 / localization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田澤 遼太 / Ryota Tazawa / タザワ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 淳 / Atsushi Miura / ミウラ アツシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 イーアールアイ (略称: イーアールアイ)
ERi, Inc. (略称: ERi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 南澤 博仁 / Minamizawa Hiroto / ミナミザワ ヒロト
第4著者 所属(和/英) 株式会社 イーアールアイ (略称: イーアールアイ)
ERi, Inc. (略称: ERi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-16 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-189 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.526 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会