電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-15 15:15
映画映像要約における会話場面の考慮がストーリー伝達に与える影響
安原 龍井上雅史山形大
抄録 (和) 映画の内容を短時間で理解する方法に要約映像の視聴があるが,人手による要約映像の編集は大変な手間がかかり,計算機による映像自動要約が様々に提案されている.しかし,従来法をストーリ性のある映像に適用した場合,内容の理解が困難になるという問題がある.本研究ではストーリー性がある映像の要約視聴目的が内容の理解であると考え,要約映像の自動生成法の提案を行う.要約による映画全体のストーリー理解に注目し,映画中の会話が内容理解に与える影響に注目する.また,会話シーンの存在を考慮した自動要約法と,考慮しない自動要約法を比較することで,会話が観客へのストーリー伝達に果たす役割を検討する. 
(英) Automatic video editing methods have been investigated to deal with the task of video editing, which is both time-consuming and requires expertise. However, when existing video editing methods are applied, for example to summarize a movie, it becomes difficult to understand stories from the summarized videos. In this paper, we proposed a method for summarizing videos that can still tell a story. In particular, we examined the impact of conversation scenes in the storytelling of movies. By comparing summarized movies that maintained the integrity of conversation scenes and those that did not, we showed how preseving conversational aspects influenced the quality of summarized videos.
キーワード (和) 映像要約 / 映画要約 / 会話 / ストーリ理解 / マルチメディア / / /  
(英) Video summarization / Movie summarization / Storytelling / Conversation / Multimedia / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 524, HCS2016-98, pp. 45-50, 2017年3月.
資料番号 HCS2016-98 
発行日 2017-03-08 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2017-03-15 - 2017-03-16 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映画映像要約における会話場面の考慮がストーリー伝達に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considering conversation scenes in movie summarization for effective story telling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像要約 / Video summarization  
キーワード(2)(和/英) 映画要約 / Movie summarization  
キーワード(3)(和/英) 会話 / Storytelling  
キーワード(4)(和/英) ストーリ理解 / Conversation  
キーワード(5)(和/英) マルチメディア / Multimedia  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安原 龍 / Ryu Yasuhara / ヤスハラ リュウ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 雅史 / Masashi Inoue / イノウエ マサシ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-15 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2016-98 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会