電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-15 11:15
共創的コミュニケーションにおける解釈学的循環の階層構造 ~ 共同制作実験によるアイディア創発プロセスの分析 ~
前田 聡橋本 敬北陸先端大
抄録 (和) 他者とのインタラクションを通してアイディアが創発するプロセスを明らかにすることを目的として,レゴブロックを使ってペアで作品を共同制作する過程を分析した.その結果,新しいアイディアが創発する場合には,共同制作時における自他の発言,情報意図,制作行為,制作意図,コンセプト,共同制作物,及び目的の間に解釈の階層的循環構造が見られた.アイディア創発プロセスは,発言や共同制作物の解釈がこのような循環構造を経てコンセプト解釈の変化に至ることであった.更に,結果の分析に基づいてアイディア創発のメカニズム候補を提案する. 
(英) In order to clarify the emergent process of ideas through interaction with others, we analyzed the process of collaborative constructing by pairs using LEGO® Brick. When novel ideas emerged, we found a hierarchical structure of interpretation circles between speech, informative intentions, constructing actions, the intention of construction, concepts, collaborative product, and goal of the self or the partner. We claim that the emergent process of ideas is that the interpretations of speech or collaborative product make the interpretation of concept change through such circle structure. Furthermore, we propose two candidates of the mechanism of idea emergence based on the analysis of the result.
キーワード (和) 共創的コミュニケーション / アイディア創発 / 解釈学的循環 / 共同制作実験 / / / /  
(英) Co-Creative Communication / Idea Emergence / Hermeneutic Circle / Collaborative Construction Experiment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 524, HCS2016-93, pp. 17-22, 2017年3月.
資料番号 HCS2016-93 
発行日 2017-03-08 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2017-03-15 - 2017-03-16 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共創的コミュニケーションにおける解釈学的循環の階層構造 
サブタイトル(和) 共同制作実験によるアイディア創発プロセスの分析 
タイトル(英) Hierarchical Structures of Hermeneutic Circles in Co-Creative Communication 
サブタイトル(英) Analysis of Emergent Process of Ideas by Collaborative Construction Experiment 
キーワード(1)(和/英) 共創的コミュニケーション / Co-Creative Communication  
キーワード(2)(和/英) アイディア創発 / Idea Emergence  
キーワード(3)(和/英) 解釈学的循環 / Hermeneutic Circle  
キーワード(4)(和/英) 共同制作実験 / Collaborative Construction Experiment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 聡 / Satoshi Maeda / マエダ サトシ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 敬 / Takashi Hashimoto / ハシモト タカシ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-15 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2016-93 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会