電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-15 13:25
非母語話者を含む会話における母語話者テキスト入力の効果
于 睿政・○唐 夢苑宋 暁宇塙 裕美井上智雄筑波大
抄録 (和) 母語話者と非母語話者の会話で意思疎通が困難な場合がよく見られる.このような場面の非母語による会話支援のために,母語話者がテキスト入力し,それをリアルタイムで非母語話者と共有する手法が提案されている.この手法は参加者間の共通理解が増えるなど一定の有用性が確認されているが,会話に与える影響は知られていない.本稿では,この音声文字併用会話がどのようになされているのかについて,発話とテキスト入力の関係に着目した分析を行った.その結果,母語話者のターンにおいてよりテキスト入力の回数が多く,また,母語話者の発話内容の方がテキスト入力される比率が高かった.したがって,母語話者の意見が強化される可能性が示唆された.なお,発話について,母語話者の発話は発話時間が長く,発話長が長くなり,非母語話者の発話は発話頻度は小さく,発話長は長くなった. 
(英) It has been observed there were difficulty of communication between native and non-native speakers. To support such occasion of non-native speaker, initial evaluation was investigated that utilized audio and text information in real-time conversation. This method provided a certain usefulness such as mutual understanding amongst the two, however the effect of the method on conversation was not investigate reported in previous works. Hence, In this paper we examined it the effect to articulate how the proposed method worked in conversation especially in relationship between utterance and text input. Consequently it was found that text input was conducted significantly large number in NS turn-taking, and NS utterance was typed significantly higher ratio out of total number of text input. Therefore it was suggested the possibility of enforcement of native speakers opinion. Besides, there was longer NS utterance per minute with longer duration of utterance, less frequency of NNS utterance with longer duration of utterance.
キーワード (和) 非母語会話 / 第二言語会話支援 / 音声会話 / テキスト入力 / / / /  
(英) conversation in second language / non-native speaker support, audio conference / audio conference / text input / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 524, HCS2016-94, pp. 23-28, 2017年3月.
資料番号 HCS2016-94 
発行日 2017-03-08 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2017-03-15 - 2017-03-16 
開催地(和) 東北大学片平キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2017-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非母語話者を含む会話における母語話者テキスト入力の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of native speaker's text input in the conversation with non-native speaker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非母語会話 / conversation in second language  
キーワード(2)(和/英) 第二言語会話支援 / non-native speaker support, audio conference  
キーワード(3)(和/英) 音声会話 / audio conference  
キーワード(4)(和/英) テキスト入力 / text input  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 于 睿政 / Ruizheng Yu /
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐 夢苑 / Mengyuan Tang /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宋 暁宇 / Xiaoyu Song /
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塙 裕美 / Hiromi Hanawa /
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 智雄 / Tomoo Inoue /
第5著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. of Tsukuba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-15 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2016-94 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.524 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2017-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会