お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 11:15
サル視覚皮質V4における図地選択性細胞発火の潜時と同期解析
蓑輪 大蓮池正晴筑波大)・山根ゆか子田村 弘阪大)・酒井 宏筑波大NC2016-90
抄録 (和) 視野内の物体(図)と背景(地)を区別して知覚する視覚処理を図地識別と呼ぶ.その皮質メカニズムとして,サルの視覚皮質V4領野でFigure-Ground(FG)選択性細胞が報告されている.しかし,単一細胞の図地識別の正答率は低く,複数の細胞の群によって図地知覚が行われていると考えられる.どのように細胞の信号が統合され,図地知覚が符号化されているかは不明である.本研究では, V4領野内のFG選択性細胞の非同期が図地知覚に寄与しているかどうかを検討した.電気生理実験により得られたFG選択性細胞の反応を解析して,FGの変調に要する潜時と,細胞組の同期を解析した.その結果,FG選択性細胞は,図地変調に77msを要することがわかった.これはV2領野で報告されているBorder-Ownership選択性細胞の潜時より6~10ms遅い.このことはV2からV4へのfeedforward経路の重要性を示唆する.また,FG選択性細胞の組はFG選択性を示さない細胞の組よりも弱い同期を示すことがわかった.この結果は先行研究と一致しており,FG選択性細胞が図地を計算することで同期を減少させることを示唆する. 
(英) Figure-Ground (FG) segregation is visual processing that distinguishes objects (figure) from backgrounds (ground) within the visual field. FG-selective cells reported in monkey visual cortical area V4 have been considered responsible for FG segregation. Although the single cells showed low correct rates for the FG discrimination, a group of them has been considered to show higher correct rates in computational analyses. However, how the responses of FG-selective cells are integrated to evoke the FG perception has not been clarified. In this study, we investigated whether the desynchronization of FG-selective cells in the V4 contributes to FG discrimination. To investigate the hypothesis, we analyzed the latency for FG modulation and the synchronization among FG-selective cells from electrophysiological recordings. Our results showed that the latency for FG modulation was 77ms. This is 6 to 10 ms longer than the latency of Border-Ownership selective cells reported in V2, suggesting the importance of the feedforward pathway from V2 to V4 in FG discrimination. It was also found that the group of FG-selective cells showed weaker synchronization than that of non-FG-selective cells. This result agrees with the previous studies, suggesting that FG-selective cells reduce the synchronization during FG computation.
キーワード (和) 視覚皮質 / V4 / 図地識別 / 自然画像 / 電気生理実験 / 変調効果 / 同期 /  
(英) Visual Cortex / V4 / Figure Ground segregation / Natural image / Electrophysiology / Modulation / Synchronization /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 521, NC2016-90, pp. 155-158, 2017年3月.
資料番号 NC2016-90 
発行日 2017-03-06 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2016-90

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2017-03-13 - 2017-03-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2017-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サル視覚皮質V4における図地選択性細胞発火の潜時と同期解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Latency and Synchronization Analysis of Figure-Ground Selecitive Cells in V4 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚皮質 / Visual Cortex  
キーワード(2)(和/英) V4 / V4  
キーワード(3)(和/英) 図地識別 / Figure Ground segregation  
キーワード(4)(和/英) 自然画像 / Natural image  
キーワード(5)(和/英) 電気生理実験 / Electrophysiology  
キーワード(6)(和/英) 変調効果 / Modulation  
キーワード(7)(和/英) 同期 / Synchronization  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蓑輪 大 / Dai Minowa / ミノワ ダイ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 蓮池 正晴 / Masaharu Hasuike / ハスイケ マサハル
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 ゆか子 / Yukako Yamane / ヤマネ ユカコ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 弘 / Hiroshi Tamura / タムラ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 宏 / Ko Sakai / サカイ コウ
第5著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-90 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.521 
ページ範囲 pp.155-158 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2017-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会