電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-13 10:50
コンクリートひび割れ箇所検出に向けた打音機構の打撃力解析
吉田裕貴九工大)・奥村克博古賀文隆山田圭一田中雅敏福岡県工技センター機電研)・和田秀樹新日本非破壊)・我妻広明九工大/理研/産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ひび割れ等のコンクリート異常検出には打音解析が有効である.移動ロボット等に装着し自動検出を実現するためには,軽量かつ省スペースで,音響解析の精度を向上させる打撃力を有する打音機構の開発が必要となる.本研究では,その評価として打撃の瞬間に発生するエネルギー量に注目し,バネを用いた打音機構設計と,同機構,鋼球落下試験,点検ハンマーとのエネルギー比較解析を行った. 
(英) In order to build an automated system for anomaly detection such as concrete cracks through hammering tests, hammering mechanisms to provide an effective impact force are highly important as well as weight and space-saving, which improve the accuracy in acoustic analysis. In the present study, we focused on the amount of energy at the first impact moment and proposed the quantitative comparison of the steel ball-drop test, hammers in human inspection and an improved automated hammering system based on spring dynamics.
キーワード (和) コンクリート異常検出 / 打音検査 / 打撃力解析 / エネルギー計算 / / / /  
(英) Concrete anomaly detection / Hammering test / Impact force analysis / Energy estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 521, NC2016-80, pp. 97-102, 2017年3月.
資料番号 NC2016-80 
発行日 2017-03-06 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2017-03-13 - 2017-03-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2017-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンクリートひび割れ箇所検出に向けた打音機構の打撃力解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Impact Force Analysis of the Simple Hammering Mechanism for Concrete Damage Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンクリート異常検出 / Concrete anomaly detection  
キーワード(2)(和/英) 打音検査 / Hammering test  
キーワード(3)(和/英) 打撃力解析 / Impact force analysis  
キーワード(4)(和/英) エネルギー計算 / Energy estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 裕貴 / Yuki Yoshida / ヨシダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 克博 / Okumura Katsuhiro / オクムラ カツヒロ
第2著者 所属(和/英) 福岡県工業技術センター機械電子研究所 (略称: 福岡県工技センター機電研)
Fukuoka Industrial Technology Center (略称: FITC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 文隆 / Koga Fumitaka / コガ フミタカ
第3著者 所属(和/英) 福岡県工業技術センター機械電子研究所 (略称: 福岡県工技センター機電研)
Fukuoka Industrial Technology Center (略称: FITC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 圭一 / Yamada Keiichi / ヤマダ ケイイチ
第4著者 所属(和/英) 福岡県工業技術センター機械電子研究所 (略称: 福岡県工技センター機電研)
Fukuoka Industrial Technology Center (略称: FITC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雅敏 / Tanaka Masatoshi / タナカ マサトシ
第5著者 所属(和/英) 福岡県工業技術センター機械電子研究所 (略称: 福岡県工技センター機電研)
Fukuoka Industrial Technology Center (略称: FITC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 秀樹 / Hideki Wada / ワダ ヒデキ
第6著者 所属(和/英) 新日本非破壊検査株式会社 (略称: 新日本非破壊)
Mechatronics Department, Shin-Nippon Nondestructive Inspection Co., Ltd. (略称: SHK-K)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 我妻 広明 / Hiroaki Wagatsuma / ワガツマ ヒロアキ
第7著者 所属(和/英) 九州工業大学/理化学研究所/産業技術総合研究所 (略称: 九工大/理研/産総研)
Kyushu Institute of Technology/Institute of Physical and Chemical Research/National Institute of Advanced Industrial Science and (略称: KIT/RIKEN/AIST BSI/AIRC, AIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-13 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-80 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.521 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2017-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会